, 車の下取り

クルマを買うときにお店とお客の双方の信頼関係が必要だと思う

車を買うときにはお店とお客とのお互いの信頼関係が必要だと感じました。

 

信頼関係は、納車までの期日に間に合わせるとか、約束通りのオプションをきちんと付けるということももちろんですが、お客の側では値引きを言いすぎないとか、下取り車がある場合には販売店側もあまり低い金額を提示しないとかもあると思います。

 

お客側もあまりしつこく値引きしてくれというと、営業マンも嫌になってしまうでしょうし、このお客さんには売らないと思われてしまっては元子もないですから。

 

お店側も、下取り車の金額をあまりにも安い金額を提示するとあとあと、もっと高く売れたのにあのお店は足元を見たなんて思われてしまえば、信用を失ってしまうことにもなってしまいます。

 

お客さんも下取りを出す前に、中古車サイトで大体同じ年式や走行距離の個体がいくらくらいで売り出されているか調べたり、見積もりサイトで見積もっておくのもいいかもしれませんね。

 

いわば、知は力なりといった感じでしょうか。

 

実際に、車を買い替えるときに下取りの見積もりをして、想定よりも低かったら、中古ではこのくらいで売られているというように根拠を示して、もう少し金額を上げられないか、希望はこれくらいと伝えて、営業マンの回答を基に金額を詰めていってもいいと思います。

 

もちろん、中古で売られているといっても、その中には利益や整備費用も含まれますから満額とはいきません。営業マンと話し合いながら金額を決めるのが良いと思います。

 

相手も商売ですから、下取りと購入する車の販売で適正な儲けが出るように考えてあげて、「無理なことを言っている様であれば断ってくださって結構ですよ」と気を使ってあげれば、営業マンも頑張ってくれることもありますし、購入する車へのオプションやコーティングのようなサービスで代用してくれることもあります。

 

それに、よっぽどキツイ条件を提示していれば断ってくるとも思います。

 

私も、中古車を購入するときに、下取りもしてもらいましたが、下取りの金額が想定よりも低く、これでは旧モデル並みではありませんか?と言って希望の金額を提示したことがありました。

 

上司に相談してきますと、その場を離れて、戻ってくると、ご呈示の金額で頑張りますと回答。

 

でも、まさか提示金額で承諾してくれとは思わなくて、しかも、購入する中古車も相場よりも安かったので、「ちゃんと利益は出してください。利益が出ないのであれば申し訳ないので断ってくださいね」と伝えました。

 

やはり、信頼関係が無い状態で購入するのは、納車までモヤモヤしますし、アフターメンテナンスに差しさわりが出ては困りますから。

 

でも、大丈夫ですと言っていただいたので、メンテナンスや車検はもちろん継続してお世話になっています。

 

お店側が、今回のように要望を聞いてくださり、そしてしっかりと納車希望日に納車もしてくれて、サービスでバックモニターまで付けてくれたりしてくれましたから、感謝と共に、オイル交換も定期点検も車検もお世話になっている次第なのです。

 

お店への信頼もありますし、お店も、私のことを信頼してくれている・・・はず。

 

ということで、車は大きな買い物です。

 

安く買いたい気持ちは誰しもあります。

 

購入車両の値引き交渉や下取り車両の価格を上げてもらうよう交渉することはよくあることです。

 

でも、お店は利益を最大限出したいと考えているはずです。

 

そこで、お店は適正利益、お客側は納得のいく価格。

 

そんな風に買うことができれば、販売店とお客で良い関係、信頼関係ができて、そのあとも継続して購入したくなりますし、お店も良く対応してくれるのではないかと感じました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください