お金について

クレジットカードの引き落としは専用の口座を作ったほうがいいか?と考えてみた

みなさまはクレジットカードの引き落としの際、引き落とし専用の口座を作っていますか?

スポンサーリンク

 

私は、引き落とし専用口座(別銀行口座)を作って、毎月引き落とし日前までに、請求額分を入金しています。

 

毎月、銀行やATMに行って請求額分を入金するのは手間と思われがちですが、給与振り込みや、電話代などの口座振替を行っているメインの口座と分けたほうがお金の管理がきちんとできて、クレジットカードの使い過ぎを防ぐことができていると感じています。(オンライン送金という方法もありますが、あえて実感のため銀行やATMに行きます)

 

というのも、クレジットカードの請求額分を引き落とし専用口座に入金に行くときに、現金を握りしめることでこんなにクレジットカードを使って買い物をしていたんだと実感でき、クレジットカードを使いすぎないよう自制をきかせることができているからです。

 

給与振り込みと同じ口座からの引き落としの場合、引き落とし日に勝手に請求額分が引き落とされるので、支払っているという実感が薄れますし、もし、残高が足りなかった場合には引き落としができなくなる恐れがあります。ですから、クレジットカードの利用明細を見て、請求額をすぐに引き落とし専用口座に入金する方が、引き落としができないというリスクも防げます。

 

クレジットカードは、お金の前借りで買い物などの支払いをしている仕組みとも言えますが、結局は借金のわけです。

 

しかも、クレジットカードで買い物をすると、お金を使っているという実感も薄れますから、月に一度、引き落とし専用口座に請求額分を入金して、今回は使いすぎたかなとか、はたまた、あまり使わなかったからその分貯金ができるかなとか、お金の使い方を振り返ることができると思うのです。

 

引き落とし専用の口座を作るメリット

 

請求書の額をきちんと確認して、その請求額分を引き落とし専用口座に入金することで、実はカードではなく現金を使っているという実感が持てる。その結果、使い過ぎていると思えば自制をきかせ、クレジットカードの使用を控えることができる。

 

通帳に請求額の記録が残り、今まで使った分を簡単に確認できる。

 

引き落とし専用の口座を作るデメリット

 

請求額分を入金しなくてはいけない手間があり、面倒。

 

入金を忘れると引き落としができなくなり、信用情報に傷が付く。ここは特に気を付けること。

 

月に1回程度の利用(請求額分の入金)だと通帳を無くす可能性がある。管理はきちんと。決まったところにしまってこくこと。

(オンライン送金もあります・・・)

 

私の場合

 

先に述べましたように、私は、クレジットカードの引き落とし専用の別口座を作り、毎月の請求額分を入金しています。

 

入金するために銀行に行ったりしていますが、クレジットカードで買い物をこれだけしているんだと、請求額分の現金を握りしめると、使いすぎている場合は反省し、自制をきかせることができています。

 

クレジットカードの引き落とし専用口座を作ることは、その専用口座に毎月請求額分を入金することでクレジットカードは一時的な借金であり、きちんと返済しなければいけないと肝に銘じることができ、また、お金の管理をする上での基本的なことを学べるとも感じています。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください