コペン

コペンで高速を走る~ 加速も悪くないし安定

本日、高速道路をコペンで走りました。

 

コペンを日帰りでの車検に出しに、そして、行きつけの車屋さんに行くにために、行きは一般道から行き、帰りは高速道路を使いました。

 

一般道もバイパスは皆さん飛ばすので、コペンはパワーがあるから比較的楽に走ることができると感じています。

 

そして、久しぶりに高速道路。

 

加速レーンから踏み込むと・・・

 

軽自動車にしては十分な加速。

 

でも、やはり、初代コペン特有のデチューンのせいか、5000~6000回転辺りから加速の伸びがイマイチな感じな気がする・・・

 

とはいっても、ターボですから、トルクがあるので、本線までには必要十分に加速。

 

私のコペンは4足オートマチックですから、アクセルを踏みっぱなしで加速レーン。

 

スポーツモードに入れれば、シフトアップのタイミングで、シフトレバーを操作し加速してくれます。

 

どっちがいいんだろう・・・

 

通常のATで走ったほうが、もし合流するときに踏み込めばキックダウンで加速してくれるから、通常のATの方が安心かもですね。

 

本線では、4速で、3000回転で時速80キロ。

 

私はあまり飛ばさないので、このくらいが丁度いい速度感。

 

エンジン音は結構車内に入ってきます。

 

4速維持のまま少し踏み込めばジワーっと速度を上げてくれます。

 

ちゃんと踏み込めばハイパワー車みたいにフワーっとまではいかないけど、ちゃんと加速してくれますので、心強い。

 

車高が低くて足回りが硬くがっしりとしていて走りの安定感もあるので高速道路は比較的楽に走れます。

 

あと、車体は小さいけど、というか、小さいがゆえに、コペンは高速道路が面白いと感じました。

 

ターボのトルク感からくる加速のゆとり、車体が小さい分小回りが利いて車線変更が楽、足回りが硬い分多少のバタつきはありながらも安定して走ってくれる。

 

そして、ハンドルを切れば進行方向にきちんと反応してくれる。

 

さらには、車体の前後中央にシートの位置があるから運転しやすい。

 

さらに、さらに、2シーターで、背中に空間が無いから、走るためのマシンを操ってる感がたまらなく面白い。

 

狭くて落ち着くというか。

 

というわけで、久しぶりにコペンで高速道路を走って、ワクワクしてしまいました。

 

 

最後に一枚。

 

サービスエリアで撮ったコペンが神がかっていました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください