未分類,

スポーツカーの隣にスポーツカーが停まる光景を勝手に分析

先日、サービスエリアで駐車して、食事の後に車に戻ると隣にはコルベット。

スポンサーリンク

アメリカンですね。

 

大きくてカッコいい!

 

私のボクスターがこじんまりとした感じ。

 

そうはいっても、ボクスターも横幅は1.8メートルあるのでそこそこ幅はあります。

 

長さは、全然コルベットの方が長いです!

 

ということで、ボクスターとコルベットのツーショットがかっこよかったので写真を一枚。

 

でも、私のボクスターは右ハンドルなので、ちょっと乗りづらい・・・

 

コルベットも左ハンドルなので降りづらかったはず・・・

 

スポーツカーはドアが長くて、シートが低くて、あと、ドアからシートまで距離が少しあるので、隣の車との間隔が狭い場合には本当に乗りずらい感じ。

 

ドアパンチをしてはいけませんから気を遣うのも事実。

 

代官山蔦屋書店にコペンで行ったときには、広く空いている駐車場なのに、横にフェラーリのディーノが停まってくれました。

 

私のコペンは赤。フェラーリディーノも赤。

 

大きなフェラーリと小さなコペン。

 

しかも2台とも曲線のボディ。

 

まるで親子みたいで面白い。

 

御殿場に行ったときには、横にポルシェ911カレラが停まりました。

 

私のボクスターとの、2台のポルシェの姿もかっこよかったので、その時も写真を一枚。

スポンサーリンク

 

でも、不思議なことに、スポーツカーの横にスポーツカーが停まる。

 

何でだろう?

 

①個人的な考えですが、まずは安心感なのではないかと思います。

 

スポーツカーのような車は趣味性が強く、大事に乗られます。

 

ですから、ドアパンチされることや、バッグが当たって擦り傷を付けられることはすごく悲しいです。

 

スポーツカーのオーナーさんであれば、一層大事に乗るため、自分の車にも他の車にも気を遣うでしょうから、ファミリーカーの隣に停めるよりも、傷が付くリスクが低くなる可能性がある思います。

 

②あと、自己顕示欲的なことから横に停めるのではないかとも思います。

 

自分の車の方がカッコいいとか、大きいとか、高いとかを暗に示している感じです。

 

駐車場が空いているときにでも、横に停めるということは何か意味がある・・・

 

そこで、思ったのが自己顕示欲的な何かが、どこかにあるのではないかということなのです。

 

③そして、単にスポーツカーが好きという理由から隣に停める。

 

遠くで眺めるよりも、隣に停めれば近くで見ることができます。

 

遠くに停めて近寄って見るのでは怪しい人と思われてしまうので、隣に停めることで、目の前で見れるわけですね。

 

④仲間意識。

 

隣に停めれば、同じ趣味を分かち合う仲間同士といった感じで、駐車場という空間を共有している満足感。

 

駐車場に車高の低いスポーツカーは目立つので、できれば、同じような車の横に停めたくなるという感情もあるのかも。

 

ということで、以上、個人的な考えで綴ってみました。

 

あくまで個人的な考えなので、間違っている可能性もありますのでご容赦ください・・・

 

車好きの私にとって隣にスポーツカー、特にスーパーカーが停まった場合にはワクワクが止まらなくなり、オーナーさんい話しかける可能性大です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください