未分類

ファミレスのモーニングがリーズナブルかつ静かなので読書に利用してます

最近の休日の朝の過ごし方の一つに、ファミレスのモーニングセットを食べながらの読書があります。

スポンサーリンク

しかも、モーニングセットはリーズナブル!

 

ランチ並みのお得感!

 

いや、それ以上かも!

 

例えば、よく行くガストさんでは、500円前後でメニューが用意されていて、スープバーとドリンクバーも付いてくる。

 

いつも大体、目玉焼き2個とサラダのプレートのセット。ライスまたはトーストも付いてきて、ライスは大盛無料。

 

私のお気に入りです。

 

そして、朝はお客さんの数が少ない傾向にありますから、昼間や夜よりも静か。

 

ですので、気持ちよく読書に利用させていただいております次第です。

 

また、集中力が持続する一時間くらいを目安にしています。

 

友人や家族でランチに行っても一時間くらいでしょうから、同じくらいの時間ですね。

 

中には、パソコンで仕事をされている方や、勉強をされている方もいます。

 

朝の時間をゆっくりと、味わいながら過ごされている方もいたりして、昼間とは雰囲気が違って、落ち着いた空間になっている感じもいいです!

 

モーニングの時間帯は7:00から10:30といった感じです。

 

休日だからゆっくり寝ているという選択肢もありですが、あえて早起きをして(朝の用事がある方は用事を済ませた後に)モーニングを食べながら新聞やネット記事、読書などを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

朝は、頭がすっきりしているおかげなのか、結構集中しやすくて読み進められる印象があります。

 

いつも読んでいる小難しいビジネス系の本も、ページ数が進むのがありがたい!

 

BGMが流れても気にならないし、仮に隣の席の客さんが話をしていも、昼間のように大声で話をしている方々は少ない印象。

 

これも、朝という空気感や、人間の体内のエンジンが始動して間もないアイドリング状態だからかもしれませんね。

 

ドリンクバーで淹れたてのコーヒーを口に運びながら読書をしている自分ってちょっとイケてる・・・なんていうのもあり。

 

本を開き、文字を読み進めるにつれて増す集中力。

 

本の内容に引き込まれ、いいペースで読み進める。

 

そして、節や章の終わりのタイミングのいいところでドリンクのお替り。

 

そしてまた読書スタート。

 

シャーペンを持っていくので、気になる部分は線を引き、本の端を折って読み返ししやすいようにします。

 

特に重要と思った内容はスマホのメモに記録しておき、いつでも見られるようにしておきます。

 

ちなみに本は一度読んだだけでは結構内容を忘れています。

 

ですから、参考になったり、内容の良い本は何回も読み返します。

 

インパクトのある内容やどうしても覚えておきたい内容は記憶に残っていますが、意外なほど、ほとんどの内容は忘れてしまうのです。

 

なので、せっかく読むのであれば、読んだ内容を自分のものにした方がいい。

 

そこで、読み返すことが効果的。

 

受験勉強や資格の勉強と同じですね。

 

繰り返しです。

 

あと、たくさん出版されている本の中で気になったタイトルはジャンル問わず読んだ方がいいと思います。

 

読んだ内容はほとんど忘れてしまうと言いましたが、キッカケがあると思い出すこともありますし、たくさん読むことで、いろんな情報を浴びて、また、筆者の考えや体験に触れることで思考の経験値が増えると強く感じます!

 

知識が増えれば話を広げることもできますし、スマホで検索すればすぐに分かることでも知識として持っていれば対面ですぐに受け答えができ、信用にも繋がるとも思うのです。

 

読んだ内容で問題を解決することもできます。

 

さいごに、読書を目的にモーニングしていますが、一生懸命作っていただいた料理を味わって、いただくことも大事。

 

お店の皆様も、朝早くから出勤して、モーニングを作ってくれますので、いただく前には「いただきます」、そして美味しくいただいた後には「ごちそうさまでした」を言って、食材と作り手に感謝です。

 

読書で朝の頭のエンジン始動。

 

約一時間のモーニングでの読書は清々しい休日の始まりの合図でもあります。

 

さて、次回はどんな本を読もうかな。

 

※アイキャッチ画像には「99%の人が知らない 人生を思い通りに動かす大富豪の教え」を使用させていただいております。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください