メルセデスベンツMクラス(W164)のタイヤ255/50R19の交換費用はいくら?

メルセデスベンツの2代目Mクラス(W164)スポーツパッケージのタイヤ(255/50R19)交換はいくらなのか?

スポンサーリンク

 

私自身も、今回Mクラスのタイヤの初めての交換時期を迎え、費用がいくらかかるのか全く分からず、ちょっと不安でした。

 

なにせ、ベンツのタイヤですからね。

 

しかも、2台目Mクラスはあまりメジャーではない印象もありながら、タイヤも大きいので取り扱い自体が生産から10年以上も経っている今あるのか否か・・・

 

取扱と価格の不安・・・

 

昨今の原油高の影響から、タイヤも値上げをしましたし・・・

 

とはいっても、タイヤにスリップサインが出ているし、ブレーキの引きずりの影響から偏摩耗をして危険極まりないので、交換をすべくタイヤ専門店に伺いました。

 

以下、タイヤ交換までの実体験です。

 

まず、タイヤの取り扱いと、価格を考慮してタイヤ専門店に絞りました。

 

経験上、タイヤ専門店は品ぞろえがあり、比較的リーズナブルでしたから。

 

見積もりを依頼

店員さんに、Mクラスのタイヤの見積もりを出していただきたいとタイヤサイズを伝え、数分ほどで印刷された価格表を持ってきてくださいました。

 

まず、タイヤの品数は6種類。

 

結構ありますね。

 

あとは価格。

 

では、一覧(交換工賃含む)。

 

ミシュラン/ LATITUDE SPORT3/ 210,980円

コンチネンタル/ ContiSportContact5/ 212,080円 

コンチネンタル/CrossContactUHP/ 196,680円

コンチネンタル/ EX Cont DWS06/ 136,180円 ※特価でした

ピレリ/ SCORPION VERDE/ 164,780円

ランドセイル/LS588 SUV/ 63,580円

 

意外とMクラスの255/50R19のタイヤがあることにびっくりしました。

 

そして、価格も20万円オーバーから10万円以下までさまざま

 

まずは、装着可能なタイヤの選択肢があって安心。

 

次に、どれを選ぶか・・・

 

店員さんと相談して選んだタイヤは・・・

 

コンチネンタル/ EXCont DWS06/ 136,180円に決定。

 

選んだ理由

タイヤを選ぶ際に、まずは予算は切っても切れない存在。

 

安ければ安いことに越したことはないですし、高ければ性能はいいに決まっていますね。

 

お金に糸目をつけなければ、すぐさま一番高いタイヤ。

 

安くても性能が良くなければ選べません。

 

タイヤは命を預ける存在ですから、タイヤの性能と価格を比較しました。

 

間を取ったという言い方が正しいかもしれませんね。

 

ランドセイルはとにかく安いのが気になります。

 

でも、店員さんは走行安定性を見れば、コンチネンタルやピレリ、ミシュランの方がいいと言います。

 

コンチネンタルやピレリ、ミシュランの方がタイヤ内部のワイヤーの本数が多くて横に振られにくいので走りやすいと言い、タイヤの山がランドセイルは方減りしやすようです。

 

コンチネンタルはドイツですし、ベンツもドイツということも相性がよさそうですし。

 

今回は、特価で購入できるということもあり、その翌週に交換完了しました。

 

交換時間は45分位

交換の受付を済ませてから45分位で交換できたので、待ち時間もさほどなくスムーズでした。

タイヤ交換後の乗った印象は

新しいコンチネンタルのタイヤは、まず路面の凹凸をうまく吸収して、気持ちがいい。

 

しかも、路面をしっかり捉えていてスムーズに走れる。

 

ワダチにタイヤが入ってもふらつかずまっすぐ走ってくれる。

 

高速道路も走りましたが、直進安定性がしっかりしていて、ふらつかない。

 

車線変更も安定してスムーズ。

 

安心感があります。

 

ハンドルを切ってもしっかりとグリップして、カーブがキツイ場面でも良く曲がる印象。

 

車高が高くて、重くて、フルタイム4WDのMクラスの車体をきれいに弧を描くように曲がっていく。

 

ロードノイズもさほどない。

 

ちなみに、以前のタイヤはピレリのSCORPIONでした。

 

グリップも良いし、ロードノイズも気にならず、良いタイヤでしたが、ワダチに入ると車体がふらつきハンドルで制御をしないといけない場面がありました。

 

トラックがたくさん走る国道やバイパスではワダチが目立ち、速度も出ているため、ふらつきが止まらない印象でした。

 

タイヤの減りも早かったです。

 

2万キロくらいでスリップサインがでた感じです。

 

ピレリとの比較ではコンチネンタルは良い印象です。

 

まとめ

2台目のMクラスのタイヤ255/50R19は15万円以下でも交換ができるということが分かり、実際に交換して満足しています。

 

走行中のふらつきも無く、安心して、しかも、走る楽しさも復活してうれしい限り。

 

タイヤが古くなっているとか、スリップサインが近くなってきたというときには、タイヤ専門店やカー用品店で見積もりを取って比較してみることも費用を抑える方法です。

 

新しいタイヤは安全ですし、気持ちよく走ることができます!

 

なお、当記事時点での価格とタイヤの品数とお店の特価いうことはあしからず・・・でお願いします!

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください