オープンカー, コペン,

一台の車に愛情を注いで長く乗るってかっこいいのでは?と思う

最近、一台の車に愛情を注いで、しかも、長く乗り続けるってかっこいいのではないかと思うようになりました。

スポンサーリンク

 

というのも、10年乗り続けて乗り換え、10万キロ走って乗り換えというように繰り返してきた私ですが、「昭和の車といつまでも」という番組を見たときに、30年以上も一台の車に乗り続けているオーナーさんの姿に、その車がまるで相棒というか、体の一部というか、一言にまとめると、そのオーナーさんの分身に見えて感動したのです。

 

そしてさらに、一台の車に愛情をささげて乗り続けている姿に感動してしまったのです。

 

まして、スクラップ&ビルドを推奨しているかのような日本に、物を大事に使う大切さを訴えてかけているような姿にも感銘を受けてしてしまいました。

 

日本は、ガソリン車は新規新車登録から13年経過で自動車税の税率が重くなり、買い替えを助長しています。

 

もちろん、新しい車の方が燃費が良くなっているし、環境に良いです。

 

エコカーの普及や脱炭素に力を入れることも大事です。

 

でも、人々の歩んできた歴史に欠かすことができない車を、産業遺産として、さらには車の歴史守るためにも、古い車(旧車)を保有しやすい制度があってもいいのではないかとも思うのです。

 

1台の車を、愛情を注いで長く乗るって、税制の面でも負担が増えますし、修理も頻度が増えますし、部品の確保の問題もありますし、保管するにもガレージが必要ですし、大変でなかなか出来ることではないと思うのです。

 

古くなれば、修理の事を考えると、買い替えたほうが安く済むかもしれませんし、エンジンが故障したときには、オーバーホールや乗せ換えとかの場合には特に時間もお金もかかります。

 

塗装も痛んできて、塗り替えも必要になるでしょうし・・・

 

それでも、一台の車に愛情を注いで乗り続ける姿は、やっぱりカッコいい。

 

こだわりという次元を超えて、自分の人生を共にする相棒、家族。

 

さらに言えば、自分の一部、分身ですから。

 

クルマを購入して以来、何十年もの間、人生を共に歩んでいる車ですから、人生のイベントもあります。

 

最初は車で行った夫婦二人の旅行。

 

子供が生まれれば家族みんなの旅行になって。

 

子供が大きくなって成人してまた夫婦二人での旅行。

 

時間の経過と共に、車も自分も一緒に年老いて・・・

 

一人になりたいときには車が部屋になってそっとしておいてくれる。

 

気分がいいときも、滅入ったときもドライブに連れて行ってくれる。

 

車はそんな自分や家族のすべてを見届けて、見守って、そばにいてくれる。

 

樹齢1000年の屋久杉が日本の歩みを見守ってきているみたいですね。

 

クルマのことを知り尽くしている自分と、自分と家族のことを知っている車。

 

なんか、いい!

 

愛情を注いで乗り続けることは大変なことですが、大事な家族である車を守っている姿はカッコいいことだと思います!

 

私自身、コペンは一生乗ろうと決めています。

 

現時点で、17年以上乗っていて、ここ最近、不具合や修理費がかさみます。

 

今月は、エンジンヘッドカバーからのオイル滲みの修理をしてきます。

 

雨漏りまではいかないにしても、洗車機に入った時に車内に水が入ってきたので、修理しなくてはいけないし、屋根の塗装が白くぼけてきたので、いずれ塗り替えも必要になりそうです。

 

マフラーも錆がひどくなってきたので、タイミングで交換も。

 

マフラーはノーマルできているので、ノーマルがいいですね。

 

軽自動車といえども、修理を繰り返せば、結構な金額になります・・・

 

でも、面白さの面で言えば、初代コペンみたいな楽しい軽自動車は今後販売されることはないでしょうから(あくまで推測)大事に乗り続けたいのです。

 

もちろん、夫婦で二人で、車内が狭いと笑いながら、コペン珍道中と銘打って旅行も行きます。

660ccの4気筒ターボ。

 

マニュアル車はもちろんギア(5速)ですが、オートマチック車も4速ギア。

 

しかも、スポーツモード付。

 

2人乗りで、足回りが硬くて乗り心地はイマイチですが、オープンにもなって、走ることが楽しくてしょうがない車。

 

デザインも丸くて、かわいくていいですね。

 

湘南の海岸沿いをオープンで走ったときは、海風と海岸の景色が気持ちいいし、清里に行った時は高原の風を感じながら走れましたし、代官山や六本木を走ったときはスーパーカーに引けをとらず(勝手にそう思っています!)、駐車した際には(空はたくさんありましたが)横にフェラーリディーノが駐車してくれました。赤くて、曲線がきれいな2台!

 

長く乗り続けるって大変ですけど、コペンは相棒であり、家族です。

 

コペンの無い人生は考えられない。

 

あと10年くらい乗り続けたら、カッコいい人間になれるかな?

 

一台の車に愛情を注いで長く乗り続けるってやっぱりかっこいい!

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください