目標達成, , 車選び

中古のポルシェやベンツを買って人生がどう変わったかの感想

現時点で中古でベンツML350を買ってから5年目に入り、ポルシェボクスターを買ってから3年目になりました。

時間が経つのは早いですね。

スポンサーリンク

ベンツML350は2007年式を3万キロ、ポルシェボクスターは2006年式を2万キロの走行距離で購入。

いずれも、きれいな状態で、申し分なしだったので、今でも大切に乗っています。

 

途中ポルシェボクスターはコントロールユニットの経年劣化の故障で幌の動きがおかしくなり、リアウイングも操作ができなくなったため交換することになりましたが、他は調子がいいです。

 

さて、前置きを少し。

 

中古で古いとはいえベンツもポルシェも高級車。

 

当時、新車で買えばベンツML350は何だかんだで800万前後になるでしょうし、ポルシェボクスターも600万円以上になるでしょうから、やっぱり中古で買うのもありな選択肢です。

 

中古で買えば、新車に比べて売却するときの減価分は少なくて済みますし、ML350は現時点で100万円台でもありますから国産車を買うよりも安く買うことができます。

 

とはっても、車検や部品代のような維持費は新車も中古車も変わらないし、しかも、古くなればなるほど交換や修理する場所も出てきます。

 

ベンツやポルシェのような高級外車は特にパーツ代は高いです。

 

タイヤにしても、オイルにしても、国産車というわけにはいきませんが頻繁に交換するわけではないので、計画的に資金をためておく方が良いかと思います。

 

万が一の修理代のストックも必要です。修理代は高いです。

 

あくまで、ランニングコストを考慮して買うことが重要だと感じます。

 

ML350もポルシェボクスターも燃費も悪いですが、ML350が平均してリッターあたり6キロくらい、ポルシェボクスターはリッターあたり7キロくらい。

 

使用状況にもよりますので一概に言えませんが年式の古い車の場合の燃費は今のように良いわけではありません。

 

でも、週末に乗るとか、通勤で使わなければ、そこまでガソリンを使用するわけではないと思います。

スポンサーリンク

さて、中古とはいえベンツML350とポルシェボクスターを買ってどう人生が変わったか。

 

実は、私にとって初めての外車がベンツML350。

 

購入当時は、正直言って維持費はわからない、車検代も分からない、故障する心配もあるといった不安ばかりで、後悔の念がいつも気持ちの中に存在していました・・・

 

こんな自分が買っても大丈夫なのか・・・

 

ふさわしいのか・・・

 

生活は大丈夫なのか・・・

 

でも、しばらくして、そんな気持ちを払拭するかの如く、ベンツに乗っているという自信が湧いてきて、ひるむことなく仕事も交渉ごともできるようになり、結果、仕事は順調になり、所得も上がりました。

 

大きなプロジェクトをやってのけたり、自分よりも地位の高い方々とも、堂々と話ができるようになり、ベンツML350は私にとってのラッキーアイテムとなり、その2年後にポルシェボクスターを買うことになったのです。

 

ベンツというブランドにふさわしい人間にもなってやるという気持ちも湧いてきて、仕事に活力も湧いてきています。

 

余談ですが、実際にベンツML350もポルシェボクスターも車検代は外車専門点に依頼して部品交換無しで16万円前後、オイル交換は量販店で15000円前後、保険は車両を抜いて毎月2500円くらい。

 

ベンツML350は自動車税は13年経過していない今は58000円。

 

ポルシェボクスターは13年経過したので58600円。

 

なんとか維持できる金額です。

 

ボクスターをチョイスした理由は、まず、ボクスターは手が届きやす価格っであること、また、夢だったスーパーカーブランドに乗りたい、スーパーカーとのツーリングに参加したい、もっと自分のステージを広げたい、さらに上の目標にもっと近づきたいということが挙げられます。

 

そして、納車してすぐにスーパーカーオーナーズクラブを探し、入会。

 

フェラーリやランボルギーニなどのスーパーカーと一緒に走りたいという夢も叶ったし、ツーリングではハイステータスの方々と同じ空間も共有できています。

 

それでは、中古のベンツML350やポルシェボクスターを買って人生がどう変わったかのまとめ。

 

①まずは、自信が付いたこと。

ベンツやポルシェが自信の後押しをしてくれます。

今では、どんなことでもやり切る自信があります。

結果、仕事が順調になりました。

 

②ベンツやポルシェにふさわしい人間になれるよう努力するようになりました。

ベンツのハンドルのスリーポインテッドスターが運転中に目に入るたびに、もっと頑張ろうとも思わせてくれます。ポルシェも然り。

 

③行動がいい意味で変わった。

仕事も思考も前向きになり、積極的な姿勢になりました。

ある意味、頑張って稼がないと維持ができなくなるという怖さも仕事に拍車をかけてくれている面もあります。

 

④スーパーカーツーリングや車の集まるイベントに参加をして同じ趣味の方々と交流が持てるようになりました。

やっぱりいろんな方々に会って、話して、楽しい時間を共有すると充実感がありますし、会うこと自体でその方々から学ぶこともたくさんあります。

 

⑤自分よりも上の方々に負けないよう頑張ろうと日々思えるようになりました。

 

中古とはいえベンツもポルシェも人を動かす力が秘められている、そんな実感が今はあります。

 

そんな今回の独り言です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください