オープンカー,

個人的にポルシェボクスターで出かけて楽しかった場所等ランキング ~ボクスターを楽しむ~

ポルシェボクスターを中古で購入したのが2018年1月。

 

月日が流れるのは早いですね。

 

987ボクスターの前期型のティプトロニック(トルコンAT)を購入して、今は987ボクスターの後期型PDK(デュアルクラッチAT)へと乗り換えました。

 

そして、最初にボクスターを購入したときに真っ先に目標でもあり、夢でもあったスーパーカーオナーズクラブに加入申請しました。

 

申請してすぐに無事加入の承諾を頂き、今でもツーリングを楽しみにして毎日を過ごしています。

 

ちなみに、購入したときはもう興奮して、どんな車か、どんな乗り味か、どこに行こうかとばかり考えていました。

 

初めてのスーパーカーツーリングの時はドキドキして、夜も眠れず、小学生の時の遠足の前日を思い出すくらいでした。

 

結局、寝ずにツーリングに参加(笑)

 

今も、ツーリングに楽しく参加させていただいております!

 

他にも、ドライブや買い物、実家に帰るときに乗って行きます。

 

そこで、ポルシェボクスターで出かけて楽しかった場所を個人的なランキングしていきます!

 

第1位 スーパーカーツーリング

やっぱり夢、目標であったスーパーカーツーリングが何と言っても1位!

 

大好きなフェラーリやランボルギーニをはじめ、マクラーレンやマセラティ、他ポルシェのモデルたちと一緒に走れるのは幸せ!

 

屋根をオープンにしながら、前後の車列で甲高くエンジン音を奏でるフェラーリやランボルギーニはまさに最高のBGM。デザインも加速も抜群!ですね!

 

走行中、前後にスーパーカーが並んでいる姿は圧巻です!

 

前を見てもバックミラーやサイドミラーを見てもスーパーカー。

 

集合場所やランチ会場の駐車場はスーパーカーだらけ。

非日常の世界です。

 

ランチ会場では、スーパーカーオーナーとの会話も楽しい。

 

会社経営者や医師など、ハイステータスの方々と、同じ趣味を共有して会話ができるなんてスーパーカーツーリングならではの醍醐味。

 

車に関する情報交換もできます。

 

私自身も、他のスーパーカーオーナーみたいになりたい!と刺激と勇気と元気を頂いております。

 

那須のランチツーリングのような長距離になると、その分、長い時間、スーパーカーたちと一緒にドライブ出来て楽しすぎる!

 

私のボクスターも他のスーパーカー達と戯れていて喜んでいる感じ。

 

でも、一番戯れているのは私自身!

 

チャリティーツーリングに参加した際には参加費がすべて寄付になるという、社会貢献もできて豊かな気持ちにもなれます。

スーパーカーの展示も行っていますので、観覧の方々に来ていただき、いろんなスーパーカーを知っていただく機会にもなっています。

 

ツーリングは本当に楽しいです!

 

第2位 都会のドライブ

ポルシェボクスターは屋根がオープンになりますので、解放感がたまらなく良いです。

 

オープンで走る場合には、高原や海が一番と思われがちですが、都会も最高に気持ちよく楽しいのです。

 

例えば、六本木や代官山のような都会は、オープンで走行するとビルや街並みなどの景色の移り変わりが解放感と共に視界に入り、本当に楽しくて気持ちいい。青山のイチョウ並木も最高に気持ちがいい。。

 

幹線道路沿いや駅近くには、そびえ立つ高層ビルやタワーマンション、おしゃれなお店、そして、一本脇道に入いると閑静な住宅街。人の流れも変わってくる。都会の移ろいも解放感と一緒に味わえます。

 

晴れた日、頭上を見ればそびえ立つビルとの間に見える青空。

 

ポルシェボクスターはデザインからみても比較的目立ちます。わかる人が見ればポルシェボクスターと思うはず。

 

都会は人が多いですから、オープンで走らせていると、結構な視線を浴びます。

 

この視線が気持が良い人にとっては、本当に気持ちが良いはず。

 

それに、サイズが大きすぎないポルシェボクスターは都会こそ走りやすいサイズ。

 

大通りから住宅街の道路まで気兼ねなく走れますから、ドライブを兼ねて六本木ヒルズや表参道ヒルズに買い物や食事にも行きやすいです。

 

あと、夜景の中を走るのはとにかく気持ちがいい。

 

都会の夜景×ポルシェボクスター

 

夜の丸の内や六本木、渋谷のビル群の夜景の中を疾走。いいです!

 

オープンで頭上を見上げると、ビルの明かり。

 

イルミネーションの中をオープンで走るのも最高です!

 

第3位 高原

ポルシェボクスターで春、夏、秋の高原を走ると、澄んだ空気とワインディング道路を楽しめます。

 

オープンの状態で走れば、背中から奏でるエンジン音を聞きながら運転に陶酔してしまいます。

 

上りの道ではアクセルを踏めば加速し、カーブ手前でシフトダウンして減速。

 

ブリッピングの音の直後ギヤが繋がる。

 

そしてカーブの出口でアクセルオン。

 

ちなみに、安全運転が前提です。

 

オープンにして、高原の澄んだ気持ちのいい空気を吸いながら、頭上は青空、周囲には雄大な山々の姿を眺めながら運転するのは別世界に足を踏み込んだ感じ。

 

標高が高くなるにつれて気温が下がり、ひんやりしてきます。

 

夏の木々は緑に燃え、秋の木々は赤く色付き冬支度。ボクスターで走りながら眺めるこんな景色も気持ちがいい!

 

最後に

ポルシェボクスターを購入して、ドライブが一層楽しくなり、ツーリングを通じていろんなすごい方々とも知り合うことができています。

 

これからもスーパーカーツーリングに参加し、都会のドライブも楽しみ、高原ドライブにも行きます。

 

もちろん、海にも行きますし、イベントにも参加します!

 

ポルシェボクスターは飾る車ではなく、乗ってなんぼの車ですから、購入された方はボクスターライフを是非楽しんでくださいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください