オープンカー, コペン,

初代コペンのオートマのマニュアルモードの使い方と面白さ

初代コペンのマニュアル(MT)じゃなくてオートマ(AT)を選んだ場合、せっかくなのでマニュアルモードにシフトを入れて走ると、一層コペンで楽しく、面白く走れると感じています!

スポンサーリンク

 

クラッチが無くても、シフトを上下に動かす簡単な操作でギアチェンジができて、しかもエンストの心配もないので安心ですし、操ってる感がとにかくあって、マニュアルが苦手な方やオートマ限定免許の方でもドライブが楽しいのではないかと感じます。

 

 

私の場合には、買い物に行くときも、ちょっと出かける時もマニュアルモードにシフトを入れて加速時にはシフトアップ、減速時にシフトダウンして道中の運転を楽しんでいます。

 

緩い加速では、速めのシフトアップ、強い加速ではエンジンを回してからシフトアップ、カーブの手前ではシフトダウンしてアクセルを踏んでカーブの出口でアクセルオン。

 

ターボ車なのでトルクがあってグイグイ加速してくれます。

 

軽自動車と言えどもなかなかいい加速をしてくれます。

 

信号での減速では、手前でシフトダウン。

 

ちなみに、基本的に1速は使いません。ガコンと音を立てて急な減速になりますので、危ないから。

 

ということで、素人ですが、安全運転で、レース気分を味わいながらコペンを楽しんでいるのです。

 

初代コペンはデザインは可愛らしいですが、エンジン音や排気音は勇ましくて、車内は狭くて、足回りが硬くて、意外にスパルタンな感じがしていますので、オートマを選んだ場合にもマニュアル車のようにシフトチェンジをして走ると、他のスポーツカーにも負けない雰囲気を醸し出してくれて、個人的にはオートマもアリだと思います。

 

しかも、オープンカー!

 

初代コペンオートマは4速ギア。

 

今のギアのオートマ車に比べるとギア数が少ないですが、軽自動車であることや、年代を考えると、そんなものですね。

 

ちなみに、現行のコペンのオートマの場合はCVT。

 

金属のベルトが回転して駆動力をタイヤに伝える仕組みなので、初代とは仕組みが違います。

 

CVTはギアと違い1速、2速というような変速しませんので、やっぱり変速した感覚のあるギアの方が個人的には好き。

スポンサーリンク

 

と、なんだかんだ言ってもコペンは軽スポーツカー。

 

初代コペンは、キビキビとした走りをしてくれて、街乗りでも楽しませてくれます。

 

走りが好きな方にとってはマニュアルを選べば、最高に楽しいでしょうが、オートマ限定免許の方もいますでしょうし、マニュアルは自信がない方もいますでしょうし、オートマの方がいいという方もいるかと思います。

 

でも、マニュアルモードでシフト操作をしないともったいないと感じています。

 

せっかくの機能ですから、コンパクトなサイズとスパルタンな作りと併せてマニュアルモードを操作して、機械任せではなく、自分でギアを選択するという、マニュアル感覚で走る楽しさを味わってみるほうがオートマの初代コペンを楽しめると思います。

 

減速中にギアをシフトダウンし忘れても、自動でギアを落としてくれますし、エンストはありませんので、マニュアル車にある不安はありません。

 

でもシフトアップは操作しないと、今のギアの状態で走っていきますので、シフトアップは忘れずに。

 

そういえば、通常のオートマのDレンジで走るのと、マニュアルモードで走ったときの速度の上がり方を比べてみたところ、マニュアルモードの方がクイックというか速い感じがします。

 

Dレンジの場合、エンジンを回して引っ張る感じで、一息置いてからギアが変わりますが、マニュアルモードの場合、シフトアップすると一息までとはいわずにギアが上がりそのまま加速していく感じです(普段の街乗りの方が体感しやすい印象)

 

例えば街乗りでシフトアップするタイミングは、走り出しすぐに「+」にシフトを押す。

 

ここで2速に入る(2速にはすぐ入ります)

 

時速30キロで「+」にシフトを押す。

 

ここで3速に入る。

 

時速40キロで「+」にシフトを押す。

 

ここで4速。

 

あとはアクセルを踏んでいけばそのまま加速しますし、40キロ制限も道路ではそのまま走ればOK。

 

30キロ制限の道路は3速で走ればOK。

 

速度とギアが合わない場合には「ピピッ」という音が鳴って知らせてくれます。

 

そんな時は、少し速度を上げてからシフトアップすると大丈夫です。

 

街乗りでのゆっくりとした減速時には加速時と反対な動きでいいと思います。

 

時速40キロまで下がりきる前に「-」にシフトを手前に引く。

 

ここで3速にシフトダウン。

 

時速30キロに下がりきる前に「-」にシフトを手前に引く。

 

ここで2速にシフトダウン。

 

1速には入れずに、そのまま減速していけば自動で1速に入りますので停止といった感じ。

 

ギアに対して速度が出ている場合にも「ピピッ」と鳴ってシフトダウンしないので、ブレーキを踏んで減速してからシフトダウンするか、エンジンブレーキをかけて、減速したタイミングでシフトダウンすればOK。

 

強い加速をする場合には、エンジン回転数や加速状況でシフトアップしていきます。

 

4速だとシフト操作の回数が少なくて物足りない感じもしますが、コンパクトな初代コペンを楽しむのには不足はないのかなって、最近では思います。

 

あまり多段ギアだと、今時点でのギアが何速目なのかわからくなってしまうので(笑)

 

8速とか10速だと、シフトチェンジが面倒臭くなったりして・・・

 

なんて・・・

 

でも、初代コペンは乗るほど味があるような感じします。

 

これからも大事に乗っていこうと心に誓った私なのでした・・・

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください