パワースポット, 都内

四谷駅から豊川稲荷東京別院までの道のりを歩いて行ってみました

 

豊川稲荷東京別院は金運アップや商売繁盛、健康運、縁切りなど様々なご利益で有名なパワースポットですね。

 

私も、金運のご利益を授かりたく参拝に行ってみました。

 

一番近い最寄り駅は赤坂見附駅で、徒歩約5分くらいです。

 

でも、今回は、散歩を兼ねてJR中央線四ツ谷駅から歩いていきました。

スポンサーリンク

 

行き方

 

まず、四ツ谷駅から豊川稲荷東京別院までは、距離にして約1.3km。徒歩で20分位です。

 

四ツ谷駅で降車後に、麹町口を出ました。

 

上智大学が目の前の出口です。

 

 

出ると右手側(新宿方面)に四谷見附橋がります。

 

麹町口からはすぐの新宿通りを上智大学方面へと信号を渡りすぐに右折して四谷見附橋を渡ります。

 

 

橋からは、駅のホームを見ることができます。

 

 

四谷見附橋を渡ると、外堀通りとの交差点「四谷見附」を左折します(迎賓館 赤坂離宮方面)。

 

(左折)

 

直進すると大きなY字路がありますので、横断歩道を渡っておきます。

 

(横断歩道を渡る)

 

すぐに歩道が二方向へ分かれますので、左手側(外堀通り沿い)に歩きます。

 

(左手側を直進)

先にある「若林東」の信号も直進します。

 

(直進)

 

この信号を渡ると港区に入ります。

 

イチョウ並木がまっすぐ伸びていて気持ちがいい歩道です。

 

赤坂離宮の壁もまっすぐ伸びています。

 

途中クランク。

 

 

そして直進。

 

途中に東門。勇ましい姿。

 

 

さらに壁伝いにまっすぐ。

 

 

壁が生垣に変わっても道なりに進みます。

 

 

すると、赤坂離宮の敷地の生垣の切れ目を右折。

 (右折)


「紀伊国坂」の標識が目印です。

 

 

右折後は、生垣と堀に沿って道なりに進みます。

 


 

青山通り出ますと左手側に豊川稲荷東京別院が現れます。

 

 

散歩の途中に発見も

 

四ツ谷駅からは程よい散歩コースです。

スポンサーリンク

 

しかも、東京にも自然があるんだなって感じられたことがあります。

 

なんと、この日(7/27)玉虫がいたのです。

 

自然が豊かでないといるはずがないでしょうから、玉虫を見たときに、都内も捨てたもんじゃないと感じることができました。

 

それにしても、玉虫の虹色はきれいですね。

 

見とれてしまいます。

 

まるで宝石。

 

植樹にもトウカエデの札があり、歩きながら、小さな発見ができます。

 

 

港区の花はアジサイ。

 

7月にもなると日中の気温は35度くらいにもなります。

 

水分をこまめに摂って脱水症状にはならないように気を付けて。

 

歩くときはスニーカーかランニングシューズなどの運動靴がベスト。

 

1. 3Kmはちょうどよい距離です。

 

日ごろの運動不足解消にもいいかも。

 

歩いて豊川稲荷東京別院まで行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください