未分類

夏は暑くて嫌だと思ったときに思うこと。人生であと何回夏が来ますか?

最近の夏は日中に40度前後まで気温が上がり、暑くて過ごしにくさがありますね。

 

昼夜問わずエアコンはフル稼働。

 

夏は好きなはずなのに、最近は熱くてもう嫌・・・

 

そんな感情さえ芽生えています。

 

そうはいっても、夏は海水浴に花火、生き生きとして眩しいくらいの緑に輝く木々。

 

高原は涼しくて気持ちがいい。

 

夏は夏の楽しみがたくさん。

 

お盆休みには親族で集まってにぎやかに過ごすことができます。

 

なかなか、親族が集まる機会も無いですから、お盆は大切な風習。

 

でも、真夏の昼間の外はとにかく暑い。夜でさえも30度前後の日もある。

 

汗が吹き出し、あせもができてかゆくなる。

 

日差しは強くて、日には焼けるし、熱中症の心配もある。

 

好きなはずの夏が嫌になる。

 

そんな時に思うこと・・・それは、夏は年に一度しか訪れないということ。

 

100年生きることができても夏は100回しか訪れない。

 

ということは、今が40歳だとすると、100歳まで生きてあと60回。

 

80歳であればあと40回。

 

人の寿命は分からない。

 

もしかすると、あと20回しか夏が来ないかもしれない。

 

夏はあと何回私に訪れるだろう?

 

そう思うと、夏は暑くて過ごしにくくなったけど、とてもいとおしくなってきます。

 

夏に出来る海水浴、夏の風物詩の花火。

 

あと何回楽しめるだろう。

 

浴衣を何回着られるだろう。

 

お盆に何回親族で集まれるだろう。

 

夏の高原で涼しくて清々しい空気を何回吸えるだろう。

 

夏が嫌いじゃなくて、やっぱりいとおしくなってきた。

 

8月になるとお盆を迎え、お盆休みで帰省や旅行。

 

お盆を過ぎると、あっという間に8月は終わります。

 

子どもたちは夏休みの宿題に追われ、あくせく。

 

8月末になると秋が少しずつ姿を現してきて、9月は残暑ではあるけれど空気が少しづつ乾き始め、朝晩は過ごしやすくなる。

 

セミは鳴き止み始め、代わりに鈴虫の寂しさを感じながらも優しい音色。

 

夏の生命の息吹を盛ん感じることができる世界から、冬への身支度を始める秋の足音。

 

徐々に静けさに包まれていく。

 

秋への移ろいの中に消えゆく夏。

 

なんだか寂しさも一緒に連れてくる秋。

 

夏があるから、秋の存在が際立つ。

 

夏の間にたくさん身にまとった木々の葉が秋には赤や黄色、オレンジ色に色付き人々を楽しませてくれる。

 

夏は嫌ではなく、いい。

 

こんなことを感じることができるのもあと何回だろうか。

 

だから、夏を楽しみ、もっと好きになって、でも、暑さで体を壊さないように気を付けて満喫したいと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください