大黒パーキングのスーパーカー的底力。やっぱり集まってくる!

行くたびにスーパーがいるのが大黒パーキング。

 

毎度毎度驚かされます。

 

というか、凄い!

 

スーパーカーが集まってくる。

 

大黒パーキングは底力ありすぎ!

 

ですから、車好きの聖地的な大黒パーキングは、時間があると訪れてしまう。

 

というか、目的自体が大黒パーキング。

 

スーパーカーを何台も見ることができるため、私もボクスターで溶け込みたくて行く感じ。

 

でも、フェラーリやランボルギーニはやっぱり華やか。

 

存在感が違いますね。

 

本日は、なんと!フェラーリのスペチアーレ2台!

 

F40と288GTO。

288GTO

 

F40

288GTOは見ることが奇跡的。

 

以前、御殿場のフェラーリミュージアムで展示車を見たことがありますが、自走してきている姿を見るのは初めて。

 

とっても嬉しい!。

 

F40もすごい!

 

2台ともオーラが違う!

 

人だかりができていましたので、やっぱり車好きにはたまらないモデルなんですね!

 

生きているうちに展示車でなくて走っている288GTOを見ることができて良かった!

 

これで、今までで、生の288GTO、F40、F50、エンツォ、ラフェラーリを見ることができました。

 

エンツォとラフェラーリは大黒パーキングではないですが、きっと来ていると思います。

 

他にも、今日の大黒パーキングには、フェラーリはF355や360モデナやF430、458スペチアーレ、488、テスタロッサ、512BBもいたり、ランボルギーニではムルシエラゴやアベンタドール、ウラカンがいて、ある意味お祭りみたいな感じ。

それに、512BBも来ていること自体もすごいと思う。

イベント以外で見ることがないので、いっぺんに見ることができた288GTOとF40と512BBは本当に感動!

他にも、ポルシェGT3RSやニスモGT-RやハコスカGT-Rもいたりして、大黒パーキングは目のやり場に困ります(笑)

 

でも、288GTOにしてもF40にしても512BBにしてもハコスカGT-Rにしても、大事に乗られていて、私がオーナーでもないのにうれしくなります。

 

もちろん生産台数が限られていて、希少価値もあるということが大事に乗る理由の一つだと思いますが、それ以上に、本当にその車が好きで愛情がないときれいに大事に乗り続けることは難しいのではないかと感じます。

 

ですから、新車から乗られている場合にはその一人のオーナーさんの愛情がふんだんに注がれていて、たとえ中古車だとしても、乗り継いだオーナーさんたちの愛情が注ぎ込まれていて、きっと車たちも幸せなはず。

 

それにしても、288GTOとF40を一度に見られるなんて驚きです。オーナー様方に感謝です。

 

私もフェラーリオーナーになれるようにがんばろうっと!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください