新型コロナウイルス

新型コロナウイルスで外出自粛の中、離れた家族を思う・・・

そういえば、新型コロナウイルスの感染拡大がニュースで伝えられた3月以来、万が一自分自身が感染していたらと思うと怖くて実家に行けず、妹たちにも会えず。無症状の感染もありますから。

 

実家には2時間も車で走れば行ける距離なので、今までは毎月顔を見せに行っていました。

 

そして緊急事態宣言の発出と外出自粛要請。

 

実家の両親とは時折電話では話しますが、でもやっぱり、どうしているか心配ですし、久しぶりに顔が見たいのが本音。

 

妹には、嫁ぎ先のすし屋に食べに行く約束もしていました。

 

約束の日は緊急事態宣言の発出前でしたが、それでも、大事を取って行くのを断りました。

 

私も妹も1年以上ぶりに会うのを楽しみにしていたのに、お互いとても残念で言葉にならない。

 

毎月、顔を見せに実家に行っていたのに、今は実家にも行けない。

 

日常の当たり前が当たり前ではなくなった。

 

新型コロナウイルスを早く終息させないと日常が戻らない。

 

とはいっても、感染を拡大させたのは私たち人間だということを自覚しなくてはいけない。

 

今は、家族との会話は電話ですが、やっぱり顔を見て話すのとでは違う。

 

一人ひとりが新型コロナウイルスの感染を防止するため、今は人に会ってはいけないのです。

 

それが離れた家族であればなおさら。

 

もしも無症状の状態で自分自身が感染していたら、家族にまで移してしまうから。

 

自分は大丈夫とか、自分は移されてもいいとか言ってはいけないし、思ってもいけない。

 

自分の大事な家族にまで甚大な被害をもたらしてしまいます。

 

もちろん、大事なのは家族だけじゃない。

 

友人や恋人、職場の仲間・・・

 

自分は大丈夫と言って、自粛疲れと言って、出かける言い訳を作って不要不急の外出や人混みに行ってはいけない。

 

もし感染してしまい、しかも無症状で自覚がない状態で家族に会えば、大事な家族に感染させてしまう。

 

感染させてしまえば、同じ屋根の下に過ごす他の家族への感染リスクが非常に高くなる。

 

それに、もし自分自身が感染している状態で人混み行ってしまえば、そこにいる他の人に感染させてしまう危険性もある。

 

その他の人にも家族がいる。

 

その他の人に感染して、さらにその人の家族に感染させてしまえば、結果的に関係のない他人まで巻き込む事態になってしまう。

 

感染は止まらない。

 

だから、今は出かけてはいけないのです。

 

それに、感染者が増えれば外出自粛の状態が続き、実家から離れて暮らしている方は、今まで当たり前のように会えた家族にも会えなくなってしまうのです。

 

もちろん仲間や恋人にも。

 

電話越しで話す、スカイプで話すというような機械を通してしか話ができなくなってしまうのです。

 

私のように実家から離れて生活している方は多いはずでは。

 

そんな人たちは、実家に行くことができないのです。

 

ですから、一刻でも早く終息させるために、不要不急の外出をこれからも控えて、みんなで一丸となって乗り越えましょう!

 

私たちの生活もかかってますから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください