ぜんそく, 仕事, 新型コロナウイルス, 身近な疑問

新型コロナウイルスの感染拡大でも意外と人が多いと感じた場所

令和2年3月14日時点で新型コロナウイルスが感染をまだまだ拡大しています。

 

連日ニュースでは、都道府県ごとに新たな感染者数を公表しております。

 

感染者が増えるたびに、恐怖が心をよぎるのですが、いかんせんウイルスは目に見えるものでもないのでほんと怖いです・・・

 

マスクやアルコール消毒液の供給が間に合わない現状も早く解消して頂きたいと願うばかりです。

 

やっぱり、医療従事者や、高齢者施設、要介護者が自宅にいる方等には優先して供給してほしいです。

 

基礎疾患の無い元気な方々は、買い占めに走らず、まずは必要とする人がいることも念頭に置いていただけるとありがたいです。

 

私も喘息を患っているので、毎日が恐怖・・・

 

そして、皆さんがきちんと手洗い、うがい、規則正しい生活、集団感染しそうな場所には行かない、不要不急な外出を控えるように配慮して行動することが必要だと思います。

 

特に、日本人はいまだに、新型コロナウイルスを対岸の火事と思っているように感じているような印象もあります。

 

というのも、意外と人が多いなと感じた場所があって、そこはファミレスでした。

 

今日、用事で出かけた際に、お昼を食べる時間が無くて、たまたま立ち寄った近所のファミレス。

 

万が一、混乱を招くといけないので断っておきますが、ファミレスで感染する可能性があるかどうかは、専門家ではないのでわかりません。

 

しかしながら、第一印象では、お客さんの意識的な問題として大丈夫なのかと感じてしまった次第です。

 

午後2時の時点で満席状態で、大声でしゃべったり笑ったりしていた光景だったので。

 

不要不急の外出を避けるようにと言われても、時間を持て余したり、行き場が無くて来ているのかなって思います。

 

もちろん、お店側もお客さんが来てくれないと売り上げが少なくなってしまうので難しいところですね。

 

経済活動をとるか、感染防止のため外出を控えるか、どっちを取ったほうがいいのかは、わかりませんが、手洗い、うがいはきちんとしたほうが絶対良いですね。

 

ということで、マスクやアルコール消毒液を買うこと、使用することに集中するだけでなく、新型コロナウイルスに自分だけは感染しないと思わず危機感を持ちましょう。

 

新型コロナウイルスに移らない、万が一感染していた場合には移さないために

 

人混みは避ける

 

不要不急の外出をさ控える

 

石鹸できちんと、頻繁に、手のひら、手の甲、指先、指の間、爪の間手をきちんと洗う

 

マスクをしていない時に、咳やくしゃみをするときには手のひらで塞ぐのではなく、ティッシュやハンカチで受ける

 

ティッシュやハンカチが無いときは内肘や内腕で受ける

 

使ったティッシュは捨てる

 

手を洗っていないうちは鼻や目や口は絶対に触らない

 

店内に入る際に置いてあるアルコール消毒液できちんと消毒

 

感染が判明した場合には絶対に外出しない

 

熱がある場合には医師や保健所に相談

 

あまり症状の出ない感染者もいるようなので、マスクをしていない時の咳やくしゃみをするような場合にはきちんと内腕や内肘で受けたほうがいいです。

 

あと、他の人がくしゃみをしても白い目で見たり過剰反応をしないでで、冷静になったほうがいいとも思います。

 

理性ある人間なのですから。

 

換気がしっかりされていれば、感染の可能性は薄いと言われていますが、早期終息を目指すのであれば、ひとりひとりの意識や冷静さが必要のなのではないでしょうか。

 

デマやうわさに流されず、買い占めをせず、不要不急の外出を控えて、手洗いうがいをしっかりして、終息の時を待つしか今はできないと感じます。

 

でも、皆様もだと思いますが、仕事している立場からすると家から出ざるを得ないところが痛い・・・

 

とはいっても、今できることをしっかりやるしかありませんね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください