変わった出来事

義理の母の言い間違いが結構頭に残こる。天然すぎる面白さ!をいくつかご紹介

義理の母は、普段から言い間違えをします。

 

しかも、悪気はなく、本人は、いたって素。

 

間違えていることに気が付いていない。

 

だから、余計にたちが悪い(いい意味で)

 

 

さて一作目からスタートです。

 

 

ブルボン?!

先日、義理の母への頂き物のお返しに、一緒にデパートの地下で菓子折りを探しに行きました。

 

義理の母は「どんなお返しがいいかね~」って言いながらデパ地下のお菓子の名店の中をぐるぐる回り、ヨックモックのシガール、ハラダのラスク、虎屋の羊かんなどを逐一見ていました。

 

すると、義理の母はどれにしていいか迷い始め、そのうち怒り出して、「ブルボンでいいや」と一言。

 

ブルボン?!

 

確か、ブルボンはあのCMで有名のお菓子メーカー・・・

 

でもデパ地下には出店はしていないはず。

 

「あの・・・お母さん。ヨックモックですか?」というと、「そうそれがいいよね」と返答。

 

あの・・・さっきブルボンて言ってましたよ。

 

間違えていることに気づいていない・・・

 

義理の母の中では、ブルボンの様です。

 

ゆめたろう?!

奥さんの実家に帰ったときに、義理の母がニコニコしながら、「近所に美味しくて安いお蕎麦屋さんができたのよ。良かったから行ってみて。なんていう名前のお店だったかしら・・・」

 

数秒考えて「思い出した!ゆめたろう!」

 

ゆめたろう?

 

いったいなんだ?

 

そういえば、「ゆでたろう」の看板はさっき見たぞ・・・

 

「お母さん・・・ゆでたろうですか?」というと、

 

「そう、ゆでたろう!」と義理の母。

 

「さっき、ゆめたろうって言ってましたよ」と言うと、

 

義理の母、間違えに気づき大爆笑!

 

そして私も大爆笑!

 

ゆでたろうをゆめたろうと見間違えたのか、脳内で変換されたのかはわかりませんが、間違えに気づいてもらえてよかった。

 

きっと「ゆめたろう」が演歌の曲名だったらこんな始まりのナレーションがあるんだろうなと想像・・・「あなたの思いをそば粉に込めて・・・歌って頂きましょう。義理の母で、ゆめたろう」

 

 

ガスト?!

翔んで埼玉が映画で放送され、話題になりましたね。

 

埼玉に住んでいると、映画の内容が結構呑み込めて面白かったです。

 

GACKTさんや二階堂ふみさんをはじめ豪華なキャスト。

 

先日、義理の母と世間話をしていると、翔んで埼玉の話題になり、次第に出演者の話にもなりました。

 

そのとき、義理の母が「翔んで埼玉に出ているあの有名な俳優の名前は何だったけ?」

 

「マレーシアに移住したあの俳優だよ・・・思い出した。ガスト!」

 

ガスト?

 

お母さん、ガストは人ではないです!

 

ファミレスです!

 

似ているけど、全然違います。

 

もちろん、GACKTさんですよと、訂正したことは言うまでもありません・・・

 

 

ウーロン茶

奥さんの実家に帰ると義理の母がいつもお茶を出してくれます。

 

いたって普通の光景ですね。

 

でも、お茶を出してもらうまでのやり取りがちょっと独特なのです。

 

先日も、リビングでテレビを見ていると、「冷たいウーロン茶でいい?」と義理の母。

 

「お願いします」と私。

 

緑色の液体が出てきました。

 

そう。冷たい緑茶です。

 

あえて指摘は・・・いたしません。

 

義理の母の中では、ウーロン茶は緑茶。これが本人の中で正解なのです。

 

いつも美味しくいただいております。

 

感謝!

 

以上、また面白い言い間違えがありましたら、アップしてみます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください