オープンカー,

987ボクスターの窓が勝手に開いてリヤスポが上がっていたとき

先日、駐車中に987ボクスターの窓が勝手に降りて開いていて、リヤスポイラーが上がっていました。

 

駐車したときにはきちんと窓は締め、リヤスポイラーが下がっていることを確認したのに、おかしい・・・

 

故障か・・・

 

駐車中に勝手に窓が開くのは防犯上問題があります。

 

冷や汗をかきましたよ・・・

 

手を窓から入れてロックを解除できますから、貴重品があれば盗まれてしまう可能性だってありますから。

 

しかも、屋根がない駐車場の場合には雨が降って来れば車内は雨ざらしですから。

 

もし、ボクスターの車内が水浸しだったらショックです。

 

こんな症状が出るということは、何か問題があると思って、ポルシェセンターに行き質問してみると、バッテリーが上がるときになると回答が返ってきました。

 

バッテリーはいつ交換しましたか?と聞かれたので、確か2年前ですと回答。

 

週に1回はボクスターを運転しているし、普通にエンジンはかかるので、バッテリーの可能性は低いということになり、他に原因はないか伺うと、ボクスター助手席の足元にコントロールユニットがあり、雨が侵入してしまうと故障して窓が下がったりリヤスポイラーが上がることがあると回答が返ってきました。

 

様子を見て、症状がるようでしたら連絡をくださいとおっしゃっていただいたので、様子を見ることにしました。

 

このときは、エンジンをかけ、窓を閉め、リヤスポイラーをスイッチで下げることができました。

 

ところが、またのこ症状が出ました。

 

窓ガラスは開き、リヤスポイラーが上がっています。

 

おかしい・・・

 

メーター類のある液晶表示には、「ソフトトップを閉じてください」というような表示と「リヤスポイラーの故障」の表示が出ていたので、幌のバックルを外してみると、きちんと閉まっていなくて浮いた状態になっていました。

 

ちゃんと閉まっていたはずなのに、おかしいと思って、一度開けてから締めようと幌を動かすとバキッと音がしました。

 

やばい!と思って、幌の格納内部を除くと、ロッドのプラスチック部分が少しかけていました。(こんなときは無理に動かすのは故障の原因になりますのでやめたほうが良いです)

 

でも、かけてしまったとはいえ幌の動きには異常なところはないようなので、一旦幌を締めようとスイッチを押したのですが閉まりきらず浮いている状態だし、窓もきちんと上がりません。

 

しかも、オープンにしても、ソフトトップを閉めてくださいの表示は消えません。

 

3回くらい幌の開け閉めを試みたのですが浮いてしまうので、ちょっと強引ですがバックルをひっかけて幌をロックしました。

 

リヤスポイラーもスイッチを押しても下がらず、完全に故障の状態。

 

今回、駐車中の987ボクスターの窓が勝手に開いて下がっていたり、リヤスポイラーが勝手に上がっていたとで分かったことは次の2つです。

 

  • バッテリーが上がっている、もしくはバッテリーが弱っている
  • 助手席の足元にあるコントロールユニットが雨などの侵入で濡れて壊れている

 

バッテリーが弱っているときには、早めの交換か、乗らなくて単に電気を消費ているだけであればエンジンをかけ小一時間走ってくる方が良いです。

 

ボクスターのバッテリーは上がってしまうと面倒ですから。

 

バッテリーはフロントトランクにありますが、このフロントトランクは電子式のため、バッテリーが上がってしまうと開かなくなるのです。

 

ですから、バッテリーが上がっているとには、運転席の足元にあるヒューズボックスにフロントトランクを開けるためだけにブースターをつないで、フロントトランクのスイッチを押して開けた後に、バッテリーにブースターケーブルをつなぎます。

 

コントロールユニットの故障の場合には自走は危険ですので、ポルシェセンターや販売店、修理屋さんに連絡をしてトレーラーで引き取りに来てもらった方が安全です。

 

万が一、窓が開いていたり、リヤスポイラーが上がっていた時には焦らずに以上の2つのポイントを疑ってみてください。

 

あと、洗車の時は水が浸入しないようい気を付けたほうが良いかもしれません。

 

特に高圧洗浄機は。

 

今回は、トレーラーで運んでもらい、原因を調べてもらっています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください