, 都内

ADVANカラーに染まった代官山モーニングクルーズ

平成30年9月9日(日曜日)に開催されました代官山モーニングクルーズ。

今回のテーマはYOKOHAMAのフラッグシップブランドのADVANの誕生40周年記念にちなんで、ADVANカラーの黒と赤でした。

 

本当に久しぶりのモーニングクルーズに参加であり、しかも初のテーマとのマッチだったので、参加を楽しみにしてました。

 

今回はスペシャルモーニングクルーズということで、朝7時から10時までの3時間。

 

自分のボクスターの色が黒で、テーマに合致ということで、前日から少し興奮ぎみ。

そして代官山蔦屋書店の駐車場に入れないといけないので、少し早めに出発。

 

思いのほか、一般道も首都高も空いていて、予定よりも早く付いてしまったので、どうかなって思っていた矢先、なんと、6時半の時点で、路肩に蔦屋書店の方向に向かって車の列が・・・

 

車種を見る限り参加者の方々ですね。

 

皆さん気合十分!

 

早く付いたにも関わらず、蔦屋駐車場の開場も早まり、意外とスムーズに駐車場へ入ることができました。

 

開場から続々と黒と赤の車が入ってきて、あっという間に一角がADVANカラーに。

 

駐車場入り口付近では、程良いエンジン音が鳴り響いて、朝の代官山をゆっくりと目覚めさせてくれる感じ。

 

今日は、ADVAN40周年記念ということで、パーミットもADVAN仕様を配布。

良い記念にもなります。

 

そして、なんといっても今回目を引いたのがF3000のマシン。

 

1988年に高橋国光選手が参戦していたマシンだそうです。

 

その隣には、S660のADVANカラーが勇ましい。

 

ランチアデルタとマセラティグラントゥーリズモもADVANカラー。

 

きれいに黒と赤になって、はっきりとした印象。

 

色々な車が集まって、終始駐車場は賑やかでした。

 

オーナーどうしで会話や情報交換ができたり、ギャラリーの方々とも交流ができるのがモーニングクルーズの醍醐味ですね。

朝の代官山の雰囲気もいい!

 

今日は、朝から気温が上がったので、汗をたくさんかきましたが、そんな暑さでもやっぱりフェラーリの存在感はすごい。

812スーパーファストは大きくて他を寄せ付けない存在。

 

テスタロッサは往年の名車。サイドフィンがたまりません。

 

360はまとまったデザイン。曲線美の集大成。

 

458はフェラーリの新時代を築いたモデル。

 

スーパセブンはカラフル。

 

シムカはフランスの車ですが初めて見ました。

 

ポルシェは914から997、ケイマン、マイボクスターとバリエーション豊か。

 

空冷ポルシェは色あせません。

 

日本のスーパースポーツNSX。

 

トミーカイラZZは代官山モーニングクルーズじゃないと中々見れないかも。

 

ナイトライダーはしゃべってました。車とコミュニケーションがとれるなんて羨ましい・・・

 

BMW製のエンジンを搭載したドイツのヴィーズマン。珍しいです。

 

旧車たちも勢ぞろい。

 

今回はADVAN40年記念ということで、黒と赤の車がたくさん集まり、赤と黒以外も色とりどりの車も来て賑やかでした。それにしても、赤と黒でもたくさんの車種があるもんですね。

 

あと、代官山モーニングクルーズは何度来てもレア車が見られて面白いです。こんな車があったんだと新しい発見もできます。

 

次回はどんなテーマかな・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください