ML350を車検に出して出た見積もり

今回で私のML350は製造から13年目の車検

 

トータルでまだ約44000キロ。

スポンサーリンク

 

最近は全然乗っていなくて、バッテリーも上がって心配なところもありますが車検に送り出しました。

 

そういえば、車検に出す前っていくらかかるのかヒヤヒヤしませんか?

 

私も、交換するパーツがたくさんあると怖いなとか、適正価格なのかなとか不安になります!

 

ちなみに、ML350を中古で購入して5年。

 

時間がたつのが早いものです。

 

さて、今のところ気になる点は

  • ブレーキディスクローターからキーという異音が再発
  • 車検前日、エンジンをかけてアイドリングをしてエンジンが温まったときに煙が出てきたこと(自分のミスで以前エンジンオイルこぼしたことがあってそれが原因?)
  • エンジンオイルと思われる滲みがホース付近にあったこと
  • バッテーリーが弱っていること

 

以上4の点です。

 

ブレーキディスクローターからの異音は、以前交換したスピードセンサーの故障が原因ですでに直っていたかと思っていましたが、交換して半年で異音再発です。

 

よくよく考えてみると、前回の車検以降に異音がしているような気もして、そのことを車検スタッフに伝えました。

 

エンジンオイルは半年に1回は交換していますから、エンジン自体は心配ないかと思います。

 

そして、車検に出して、3日後に交換したほうが良い部分や見積もりが電話で伝えられ、その見積額を基に今すぐ交換したほうがいい部品と後日に回す部品等を相談。

 

そして改めて見積額が伝えられました。

 

最初に出た見積もり

 

まず、最初に出た見積額は360,000円(税込み)

 

交換部品は・・・

  • バッテリー(弱っている可能性がある)
  • ブレーキホース(硬化してきているため)
  • エンジンオイルキャップ(オイルがにじんできている)
  • 冷却水(濁りがでてきている)
  • 名称を忘れてしまいましたが、エンジンオイルの滲みがあるためホースのジョイント部分ゴムパーツ
  • エンジンオイル(定期交換)
  • ワイパーブレード
  • エアコンフィルター

でした。

 

やっぱりかかるな・・・と思いながら、今すぐに交換したほうが良い部品、後日でも良い部品を伺うと次のようになりました。

スポンサーリンク

 

交換部品相談後の見積もり

 

見積額は203,000円(税込み)にまで下がりました。

 

交換部品は・・・

  • エンジンオイルキャップ
  • 冷却水
  • 名称を忘れてしまいましたが、エンジンオイルの滲みがあるためホースのジョイント部分ゴムパーツ
  • エンジンオイル
  • 冷却水

 

バッテリーはまだ持ちそうなのと、ワイパーブレードとエアコンフィルターは使用状況関係なく定期交換でしたので今回は交換せず、劣化状況を見て交換することにしました。

 

電話での見積だったので内容の詳細額は今の時点でわかりませんが、車検後に明細を確認してみようと思います。

 

エンジンオイルの滲みは気になっていたので今回の車検で見てもらるので安心ですし、ブレーキディスクローター付近からの異音は前回の車検でサイドブレーキの調整が過剰だったことが原因であることが判明したことも安心でした。

 

あとは、部品が入り次第交換し、順調にいけば1週間くらいで引き渡しいただけそうです。

 

今回含め、3回の車検ですが、平均額は約20万円です。

 

前回はエンジンオイル交換と後ろのブレーキパッド交換があり金額(約24万円)は張りましたが、Mクラスという大きなボディサイズと排気量3500㏄のベンツと考えれば仕方がないと思います。

 

とうか、むしろリーズナブル?

 

でも、ML350はずっしりしていて安心感は抜群と感じています。

 

夏前にはバッテリー交換の予定で、タイヤの溝もスリップサインに近くなってきたので、近いうちに交換予定。タイヤの減りは早いかもしれません。

 

2台目のMLは角ばっている感じもあって存在感もあって個人的には大好きです!

 

最後に、車検の時には、その時点ですぐに交換をした方が良い部品か否かをきちんと伺って、交換する部品、しない部品を分けて、交換しない部品は使用状況や点検時に様子を見ながら交換していった方が経済的だと感じています。

 

特に、高級車を扱っている販売店での車検では、言い値で車検をする富裕層の方もいらっしゃいますから、見積もりにはあれもこれも載せてくるケースもあります。

 

私も最初の車検で同じことがあって、出てきた金額にびっくりしたことがあります。

 

でも、そんな時には、「すぐに交換を要することでしょうか?」、「そんなにすぐ壊れる部品なのでしょうか?」、「どんなふうに不具合が出ているのでしょうか?」と伺ってみるといいと思います。

 

こんな状況なので交換しないと壊れますとか具体的に答えてくれれば、交換をした方が良いと思いますし、逆に答えに詰まったり、念のためと答えが返って来れば今すぐ交換しなくても良いと思われます。

 

結果的には、上記を基にスタッフさんときちんと今の愛車の状況を話し合って交換するが一番ですね。

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください