仕事, 身近な疑問

やろうかやるまいか迷ったときはまずやってみることが大事

皆様はやろうかやるまいか迷ってどうしようか考えたことはありませんか?

考えすぎて踏み切れず時間ばかりが経ってしまうことや、腹が決まっているのに踏み切れないでいることがあると思います。

 

失敗した時を考えて踏み切れないとか、恥をかきたくないから踏み切れないということが原因であるのだと思います。

 

思い起こすと自分自身も良くあります。

 

車好きなのでまた車の話になってしまいますが、運転免許の取得のため自動車教習所に通っているときのことです。

仮免許を交付してもらい、運転歴の長い親を助手席に乗せ仮免許運転中というプレートを車の前後のバンパーに貼った自宅の車で路上運転をしようと車に乗り込みました。

 

この時、教官を乗せた教習車以外の車で路上に出るのは初めてだったので、本当に路上を走ろうか迷いました。やっぱり、路上に出ることが心配で仕方がなかったからです。

行くのかやめるのか迷いに迷って、腹をくくってやってみようと、運転することに決めました。

 

やると決めてしまえば何とかなるもの。教習の時のようにスムーズに運転できました。

 

逆に教習の時よりも楽しかったです。教習のように決められたコースではなく、自由なコースの運転と、自分のタイミングで休憩できたり気を張らずに運転でき、この時以来、仮免許のプレートを付けては練習をするようになった記憶です。

今や、運転大好き人間になっています!

 

さて、踏み切れない原因の根底は自分のプライドを傷つけたくないということがあるのではないかと思います。

やっぱり、失敗はしたくないし、恥はかきたくないです。

でも、やってみることで世界観が変わったり、見方が変わったり、考え方が変わったり、新しい発見ができたり、経験値が増えたりすると思います。

 

最近では、車のオーナーズクラブに入りました。

最初は入ろうか迷って何度も入会手続きの画面を開いては閉じてずいぶん時間が経ちました。

何せ、自分よりも良い車の方々がたくさんいるので、恐縮してしまったからです。

 

でも、入会に踏み切って、集まりのイベントに行ったとき、みなさん気さくで優しくて、車へのこだわりや愛情はさることながら、話も面白いし、生き方まで垣間見ることができ、もっと交流を深めいろんな考え方を学びたいと今では思っています。

 

取り返しがつかない失敗以外は失敗ではないのではないかとも思います。

やり直しができ、軌道修正もでき、結果的に目標やゴールにたどり着けるからです。その過程で経験したことはかけがえのない財産にもなると思います。

だから、迷ったときはやってみるのも良いと思います。

 

余談ですが、洋服屋さんに行って気になる服があるけど、値段もそこそこして、でも、着たい。だけど、値段が気になって買わない理由を探しだし、買わないことを正当化する。

自分には似合わないとか、サイズが少し小さいとか、色合いがちょっと違うとか。

家に帰ってやっぱり気になって、もう一度お店に行こうか悩む。

自分もこんなことがたまにあります。考え込むくらいなら買ってしまった方が精神的にも健全で、考え込む時間も節約できます。買えば満足しますし、気合わせを探し出します。買える余力があるなら買ってしまった方が良いかもしれません。でも、何でもかんでも買ってはいけませんよ。それは浪費です・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください