燃費向上, 身近な疑問,

エンジンオイルの交換時期って本当はいつごろ

車を所有していると必ず訪れるエンジンオイルの交換。

エンジンオイルは人間で言うと血液のようなものです。

血液がドロドロしていると心臓や血管に良くないようにエンジンオイルがドロドロだと車の心臓であるエンジンにも良くないわけです。

ですからエンジンオイルのコンディションに気を配らなければいけないのです。

でも、交換のタイミングって本当はいつごろがいいのって迷いませんか。

スポンサーリンク

 

交換のタイミングって

 

カー用品店に行くとガソリン車は5000キロごとが良く、渋滞や高速運転などエンジンに負担がかかっている場合は3000キロごとの交換が良いとアドバイスを店員さんからよく聞きます。

ディーゼル車にいたっては3000キロごとがいいとも言われます。

でも、通勤や日常の足として使っている場合3000キロはすぐです。そのつど交換していると費用も手間もかかります。貴重な資源を最大限使いたい気もします。

また、ディーラー指定の交換時期は10000キロという場合もあります。

なんだか目安の距離が定まらなくて本当はいつがいいのって悩みます・・・

ここで、私自身の経験(2400㏄のガソリン車と2800㏄のディーゼル車)ですが、こんな距離でいいのではと思うのです。

それはガソリン車で7000キロ、ディーゼル車で5000キロです。

ただし、使用しているエンジンオイルは部分合成油以上のグレードが前提です。

エンジンオイルの使用可能距離は、使用するオイルのグレードにも関係があり、鉱物油といわれる比較的安いオイルよりも部分合成油や100パーセント化学合成油のほうが性能が良く長持ちするため使用距離が伸びると思います。安いエンジンオイルを5000キロくらいでこまめに変えるか中程度以上(部分合成油か化学合成油)のエンジンオイルを7000キロくらいまで使うかは財布の中身と相談になると思いますが、良いオイルの方がエンジンの保護性能が高いので今乗っている車を長期間乗る予定の場合は良いオイルを入れた方がいいと思います。

また、今はエンジンオイルの性能が格段に良くなっており、また、エンジン自体の性能が良くなっており、エンジンオイルの汚れやエンジンオイルの減るスピードは以前に比べゆっくりです。

 

なぜディーゼル車は交換サイクルが早い

 

ディーゼル車のほうがエンジンオイルの交換サイクルが早いのは、ディーゼル車は軽油を燃焼させる時に特有の黒鉛を大量に吐き出すからです。触媒で黒鉛を吸着するような、黒煙を吐き出さない仕組みになっていますので実際にマフラーからはそんなに出ませんが、燃焼時にはその黒鉛はシリンダーとピストンの隙間からエンジンオイルにも溶け出し浮遊します。なのでガソリンエンジンよりも汚れるスピードが早いわけです。

ディーゼル車に乗っていたときは、5000キロの交換時に真っ黒なオイルが出てきました。

スポンサーリンク

 

ガソリン車での実体験

 

ガソリン車では、5000キロでの交換ではまだ早い気がして、7000キロで交換をしていまいた。というのも、この7000キロでの交換がエンジンフィーリングの低下、オイルの汚れ具合がちょうど良いタイミングだと感じているからです。ですが、10000キロ走ったときは、タール状になりかけていてオイルの量も減っていました。このときのオイルは部分合成油です。このときは、高速道路や幹線道路の使用がそこそこ多かったです。

高速道路の使用頻度が多かったり、上り坂のようなエンジンを常に回すようなシビアコンディションで走るときはディーゼル車も含めて、エンジンオイルにも相当な負荷がかかっており、交換時期を早めた方がよさそうです。

ちなみに、軽自動車はエンジン回転数が普通車よりも高いので6000キロくらいで交換した方が良いと思います。仕事で使っていた軽自動車は、8000キロでのエンジンオイル交換でタール状になっていました。

ターボ車の場合はエンジン自体に高負荷がかかっており、高温にもなります。エンジンの性能を発揮するためには5000キロでの交換がよさそうです。

 

あくまで渋滞や高速走行などの使用状況や、使用しているエンジンオイルのグレードによって交換サイクルは変わってきますが、一つの目安としてご参考までに。

なお、ディーラー指定の交換時期の10000キロは長すぎると思います。一番いい見極め方法はオイルのレベルゲージをチェックして、そのときに汚れ具合やオイルの量が適量かを確認する方法がいいと思います。オイルが黒く汚れていれば交換した方がいいです。

ちなみに、半年に一度は交換をしたほうがいいといわれますが、距離を乗らなければ一年に一回でも充分だと思います。

エンジンオイルはエンジンを動かすための潤滑剤でもあり、エンジンの燃焼の際の汚れを溶け込ませる役でもあり、エンジンの温度の上昇を抑える役でもあります

無交換で走るとエンジンを壊し車が動かなくなることだってあります。

快適なカーライフのためにもオイル交換は欠かさず行いましょう。

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください