仕事, 身近な疑問

夢や目標は見つかるものだと思う

夢や目標は見つけるものであるけれど、見つかるものだとも思う。そんなことを最近思いました。

子供のころ夢や目標を持ちなさいといわれましたが、そうはいってもなかなか見つかるもんじゃない気がします。

 

本心からこの仕事に就きたいとか、これが欲しいとか、これやってみたいとか思わない限り、無理に夢や目標を設定しても途中で飽きてしまうだろうし、面倒くさくなってしまうこともあると思います。

 

夢や目標は無理強いするものではなく、定めなければならないものでもありません。

でも、夢や目標は必要なことだと強く感じます。

 

そして、ふとある日突然見つかるものであるとも思います。

 

自分自身も夢や目標を特に持たず子供の頃を過ごした記憶があります。何がやりたいともなく、そもそも大人になるなんて思ってもいなかったです。成長すれば大人になるんですけどね。

永遠に子供でいられるつもりだったんでしょうね。あの頃は・・・

 

勉強もろくにせず、寝てばかりいて過ごしてきた子供の頃でしたが、高校生の時に人生を変えた出会いがありました。目標を定めるきっかけでした。

 

それは、高校の職員の一人がスカイラインGT-R(R32)に乗っていて、その走る姿を見たときに何だこの車は!と体に電気が走り、興味のなかった車に興味が湧いてきたのです。

 

特にGT-Rには異常なまでの興味が湧き、GT-R専門誌を買って読んでいたものでした。

その時は高校2年生でしたので、もちろん免許はありませんが、大人になったらGT-Rを買うという目標がその時に生まれました。

 

そして時が過ぎ、大学1年生。

歩道を歩いていたら、一台の黄色いフェラーリの走り去る姿。

これがフェラーリか!と思いました。その時初めて実車を見たので感動ものです!

あの美しいフォルムとエンジン音に感銘を受けて、今度はフェラーリが欲しいと目標がすり替わったのですが、いまだにフェラーリが欲しいと思い続けています。

 

フェラーリを所有するという目標を達成するために、仕事も頑張っているつもりですし、いろんなことを吸収するために読書も欠かしません。何が自分にできるかとも考えています。

 

今は、良い仕事にも巡り合えましたし、フェラーリではないですが、ボクスターも所有することができています。次はフェラーリって思い続けています。

 

夢や目標を強く思うと、その夢や目標に近づくように自分自身の行動が変わっていくように感じています。

勉強や働くことが嫌いだった自分自身が、目標のために動いています。

 

また、思い続けることで、良い人たちに出会え、周囲の環境が変わってきたようにも感じています。

引き寄せの法則かな。

 

考え方が前向きになって、昔の悲観的な自分とは違うとも感じています。

 

あと、夢や目標を決めてから、周りの人たちに、考え方がブレないよねと言われます。

揚げ足を取るようなことを言われても、夢や目標は達成したいですから。

 

本当に夢や目標を持つと人は強くなれるのかって思います。

 

たまたま入学した高校で人生に影響を与える車に出会えるとは思いもよらなかったです。

 

頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください