都内

レインボーブリッジを歩いて渡ってみた感想

普段、首都高速でお台場方面に行くときに通過するレインボーブリッジ。

もちろんお台場方面から通過するときもありますが、車だとアッという間に通過してしまうため、周囲の景色をゆっくり見ることができません・・・

しかもわき見運転厳禁です。

いつも運転手なので、いつかゆっくり景色を眺めたいなって思っていました。

こんな風に思われる方もいらっしゃるのでは。
 

スポンサーリンク

 
今回は思い立ったがタイミングということで早速レインボーブリッジの景色を眺めながら歩いて渡ってみました。

 

そうそう、レインボーブリッジと言えば、お台場に行くときのシンボル的存在ですよね。

吊り橋部分は798メートルを誇り、橋を吊るしている主塔の高さは127メートルもあります。

雄大で綺麗で、特に夜はライトアップされて見るものを圧倒します。

レインボーブリッジの外観のみならず、レインボーブリッジから見る景色もとてもきれいです。

豊洲方面では大きなタワーマンション群が見られたり、フジテレビなどお台場方面が見れたり、東京タワーやスカイツリーが見られたり通るだけでワクワクします。

しかも、東京湾の上にそびえたち、陸地から見る景色とは一味違うところも、魅力的ですね。

 

さて、レインボーブリッジの最寄り駅は「ゆりかもめ」の芝浦ふ頭駅。

 

そして、芝浦ふ頭駅からは5分くらいでレインボーブリッジ遊歩道入口です。通行は無料です。

アンカレイジという吊り橋のロープを繋ぎ留めておく橋げた部分が遊歩道入口となっていて、その内部にエレベーターがあり遊歩道まで昇る構造になっています。

ビルのような入り口の佇まいとエントランスがあり一見すると橋とは思えない感じです。

静かなエントランスには、レインボーブリッジの構造を模した模型や説明書きがあり、事前に見ておくと一層散歩が楽しくなると思います。

遊歩道にはトイレがないので、エレベーターに乗る前に済ませたほうが良いです。

 

エレベーターは北側と南側の2基あり、橋の北側を通るノースルートが景色が楽しくオススメです。豊洲方面や有明方面、銀座方面、東京タワー、スカイツリーが見られるからです。

エレベーターを昇ると遊歩道のある高さは海抜50メートル。眺めは抜群です。真下は海。

 

ちなみに、エレベーター内からは外が見えるので、昇るにつれワクワク感も上昇していきます。

エレベーターを降りて遊歩道に出たときは、意外にも道路に並走しているごく普通の歩道といった感じでした。

安全のため柵が設置されていて、多少眺めを遮るかもしれません。ですが、安全優先ですね。

左手側には波立つ海と行きかう船、豊洲方面や銀座方面のそびえ立つビル群、東京タワー、スカイツリーが見られ、とても眺めがよく、非日常といった感じでした。

 

本当に海岸線まで高層ビルが建っているのがわかります。

主塔を下から仰ぎ見ると・・・高いです!

 

お台場方面に歩いていくと徐々に海抜が高くなり、吊り橋中央部では海抜60メートルになり、最高地点に到達します。展望台があり眺めは最高です。

60メートル付近は、高層ビルの20階に相当しますから眺めは良いはずです。

その後は少しずつ海抜が下がていき、道なりに歩くとお台場ビーチ付近に到着します。Uターンをしてサウスルートに行くこともできます。

せっかくなので、折り返してサウスルートも歩いてみました。

まず、サウスルートのスタートは海抜22メートル。

まだ低い位置ですがフジテレビやお台場海浜公園が良く見えました。

進むにつれ、海抜も上がりフジテレビの球体が目線の位置になってきました。

途中の案内板の海抜も31メートル、36メートル、45メートル、55メートルというように上がっていき再び中央部分で海抜60メートル。

 

大井ふ頭方面が良く見えて、ノースルートのビル群と対照的に埠頭とクレーンがたくさん見えます。東京湾の物流の拠点なんだなって実感です。

行きに来た遊歩道入口エレベーターのあるアンカレイジに到着するころには、レインボーブリッジのループが眼下に良く見えて、こんなにすごい建造物を良く作ったなって関心。

往復で2キロといった感じです。
 

スポンサーリンク

 
遊歩道は天気によっては風が強く、本日はかなりの強風でした。髪の毛はぐちゃぐちゃになり、帽子はもちろん、手荷物をしっかり握っていないと飛ばされる勢いでした。

でも、穏やかな陽気の日はとても気持ちが良いと思います。

遊歩道は上の階に首都高が通っているため日陰になり日差しを気にすることなく、また、海風が心地よいので、春先や初夏、秋は気持ちが良いと思います。

レインボーブリッジを歩いてみてわかったことは、遊歩道は一般道と並行して設置されていて、さらに、一般道とゆりかもめ、遊歩道が下の階、首都高速が上の階の2層構造になっていることです。

一般の車はもちろん、バスやトラックも通ります。トラックのような大型車が走ると風圧がかかるので気を付けましょう。

ゆりかもめも並走していますので、タイミングではゆりかもめの走行も見ることができます。

歩いてお台場に行けるということも面白さです。

お台場ってちょっと遠いと思っていましたが、レインボーブリッジを渡ればお台場です。景色を眺めながらゆっくり歩いて30分くらいで渡れるので良い散歩にもなります。ランニングしている人もいました。

途中に展望台があり眺めが良いので写真スポットにもなります。

 

自転車も後輪に専用の台車を付ければ手押しで渡れます。安全上乗ることはできません。
 

スポンサーリンク

 
日が落ちるころには夜景もきれいだと思います。ちょっと歩きますがデートスポットとしても良いかもしれません。ただし、通れない日や天候によっては入場できない場合、入場時間があるため時間外は入場できないなど注意が必要です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください