都内

渋谷から代官山を経由して六本木まで散歩で歩きました

たまに、都内散策をするため徒歩で都内を歩きまわります。

特に多いのは、渋谷や代官山から六本木に行くルート。

目的は・・・都内特有のスーパーカーや高級車がたくさん走っている光景を見るのが楽しくて、また、代官山や六本木の雰囲気や、行くまでの道中の街並みや雰囲気を味わうのが楽しいので徒歩でめぐるわけです。

特に代官山は、おしゃれな雰囲気が好きで、いつかは住みたい街でもあります!

六本木は成功者の町という印象ですし、港区は23区で一番平均所得が高いという統計もあるくらい活気づいているので、行くだけでやる気が湧いてくる感じがするスポットです。

スポンサーリンク

 

確かに公共機関は早いが・・・

 

都内を電車やバスなど公共機関でめぐるのが楽ちんで早いですが、歩きでも以外にめぐれて、しかも色々な発見もあります。こんなお店あったんだとか、この道がこうつながっているのかとか。

点と点が線になる感じです。

電車に乗っていると、数分で次の駅に到着できますし、目的の駅であっても20分から30分もあれば到着すると思います。

ですが、都内の一駅は意外に近く、10分から15分で歩けます。

ということで、一駅と言わず何駅分も歩くのですが、中でもお気に入りのルートが、渋谷駅から代官山を経由して六本木ヒルズや東京ミッドタウンまで歩くルートです。

 

実際に歩くルート

 

大まかにいうと、渋谷駅を下車後、代官山では、蔦屋書店で本をチェックして、アロハテーブルでお昼を食べて、六本木ヒルズまで歩くという感じです。

先日も歩きましたので、ルートと立ち寄ったスポットを紹介します!

 

渋谷駅新南口~代官山蔦屋書店

 

まず、最初に渋谷駅の新南口の改札を出て代官山蔦屋書店を目指します。この間の距離は約1.2キロ。ゆっくり歩いて20分くらいです。

渋谷駅新南口改札を出て、明治通りへ

明治通りを恵比寿方面に進みます。

途中の「並木橋」交差点を右折して代官山方面に。すぐの陸橋の下には山手線が走っていて、ゆっくりとした上り坂です。このまま直進すると、「代官山交番前」交差点があり、この交差点を右折すると5分くらいで代官山蔦屋書店があります。

「並木橋」交差点から「代官山交番前」交差点までは少々距離があるので根気強くです。

代官山が近づいてくるとマンションなどの住宅が徐々に増えてきて、お店の雰囲気も街並みもおしゃれな感じになってきます。

スポンサーリンク

 

代官山蔦屋書店

 

代官山蔦屋書店は、代官山の人気スポットですね。店内の雰囲気は今までの、いかにも本屋という雰囲気ではなく、モダンな外観と店内とおしゃれな雰囲気。書籍は雑誌から専門書、CDやDVDの豊富さにもびっくりですが、スタバでコーヒーを飲みながら読書ができるのも魅力。

 

 

外壁のタイルをよく見ると「T」の字になっています。

機会があったら見てみてください。

敷地内にはレストランもあり、代官山の雰囲気とマッチしています。

でも実はここ、車の聖地なんです。車の本の取り揃えも多くて、ついつい長居してしまいますが、代官山蔦屋書店は、毎月第2日曜日にモーニングクルーズという朝7時から車が集うイベントを開催しています。たまに参加するのですが、フェラーリやランボルギーニなどの外国車から国産高級車やスポーツカー、クラシックカー、レア車が集まり、車に興味のない方でも、面白いイベントだと思います。なにせ、毎回車種のテーマが決まっていて、そのテーマに沿った車が一堂に会する光景は圧巻だからです。普段見ることができない車も見逃せません。テーマ外の車も参加可能なのです。

本を眺めているとあっという間に時間がたち、ちょうどお昼に差し掛かるので、隣接するアロハテーブルでロコモコを食べるのがいつのも感じです。

 

 

1000円以内で代官山のオープンテラスでランチができるのでオススメです。

ハンバーグも手造り感があり、ボリュームもあります。

ドリンク別売りですが、スープバーが付きます。

 

テラスは夏は暑いですが、春や秋は清々しくて気持ちがいいです。

気持ちがいいのは町のせいでしょうか・・・

 

六本木方面に

 

1時間くらいゆっくり食事をした後は、代官山を後にして、六本木方面へ向けて出発。

先ほど来た旧山手通りを「代官山交番前」交差点方面へ戻り、さらに、この交差点の歩道橋を上がり恵比寿方面に直進します。渡るためには歩道橋を渡らなければいけません。

 

 

この交差点脇には大きなマンションが建築され、きっと上層階からは代官山界隈が一望できるのでしょうね。

歩道橋から進むと駒沢通りに突き当たりますので、恵比寿駅方面に左折

 

 

そのまま恵比寿駅を通り過ぎて直進。代官山蔦屋書店から恵比寿駅までが約1.2キロ。徒歩15分くらいです。

 

 

ちなみに恵比寿駅から六本木ヒルズ前は約2.8キロです。

 

恵比寿駅を通過

 

恵比寿駅を通り過ぎ直進すると、明治通りと交差する「渋谷橋」交差点があります。この交差点も直進しますが歩道橋になっていますので、また上り下り。

 

 

さらにそのまま六本木方面に直進ですが、上り坂ですので、ゆっくり歩きましょう。この道は交通量がそこそこあり、街路樹がある並木道です。

 

 

上がり始めてすぐ右手には恵比寿プライムタワーがあります。テナント料っていくらなんだろうとか、不動産屋目線になってしまうのは職業病?

 

 

さらに、先には山種美術館を右手側、広尾高校を左手に見て、まだ直進。

 

 

途中アンモナイトのようなオブジェがあります。どんな意味があるのかいつも考えてしまうのですが、特に意味がないとすると・・・ナンモナイトっていうことなのかな(笑)

 

 

さて、もう少しで首都高が上を通ている六本木通りの「南青山7丁目」交差点

 

 

「渋谷橋」交差点の歩道橋からこの交差点までが約1.3キロ。約20分くらいです。

ここまでくれば六本木ヒルズまでもう少し。

「南青山7丁目」交差点を六本木方面に右折して直進。

外堀通りと交差する「西麻布」交差点も六本木方面へ直進

 

 

若干の上り坂を上がれば、六本木ヒルズのおひざ元に到着です。

 

ちなみに、代官山蔦屋書店から六本木ヒルズまでは、約4キロ。どこにも立ち寄らず直行すれば、徒歩で1時間くらいといったところです。

 

歩きの醍醐味は、普段行かないような道を通ったり、気になるところに立ち寄れることだと思います。

自分自身、歩きでめぐるまでは都内の地理感は全然なかったです。南青山ってどこ?とか、西麻布ってどこ?っていう感じでした。

歩くことで、体の調子もいい気がします。街並みを見て、体を動かすのもたまにはいいものですよ。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください