仕事, 未分類

みんなに好かれようとしなくなると気持ちが楽になりました

最近、仕事をしているときに気が付いたことがあります。

それは、いろんな人みんなに嫌われないようにしようとか、無理に好かれようとしなくなると気持ちが楽になるということです。

スポンサーリンク

 

これは精神的に良いことだと感じています。

 

というのも、出会ったお客様や取引業者の方に会った時に、失礼なこと言っていないかとか、どんな印象を与えたとか、自分がどう相手に映っているかとか、喜んでもらえたかとかを考えてしまい考えすぎて、気持ちが落ち込んでしまうことがあったり、明らかに好かれていないと感じたときは落ち込むことがあるからです。

 

性格上、捨てるのが苦手だったり、断捨離が苦手なので、こんな性格が影響しているのかなって思います。

ですので、一人でも多くの人に好かれていたいという心理が働いているのだと思います。

 

自分のことを振り返って、言動とか態度、行動を反省したり、回想するのですが、このこと自体は良いことだと思います。

でも、この言動は相手には失礼じゃなかったかなとか、この話し方や態度は不快の印象を与えていないかとか考えすぎて、だんだん仕事やプライベートで出会う人に気を使いすぎて、疲れてしまいます。

 

笑顔は大事ですが、必要以上にニコニコしたり、相手を立てようとしてゴマをするような態度になってしまったり、言い回しが丁寧を通り越してクドくなったり、嫌われないように相手の言い分を聞きすぎたり、ストレートに言えずに遠回しになったりと、なんだかいつもの自分が消えてしまっていく感じです。

 

みなさまも、仕事やプライベートで出会った人に好かれたいという欲求はあると思います。

他の人にマイナスな印象を与えたくないとか、不快な思いをさせたくないとか、認められたいとか、様々な感情があると思います。

スポンサーリンク

 

仕事でも、お客様の顔色を極力見ながら話をして、いい営業マンでいる。取引先には顔色をうかがいながらも無理なお願いを聞き入れ、悩む。

ちょっと苦手な友達には、気を使って遠慮気味になる。

まるで、自分をふさぎ込み、感情を押しつぶしている感じです。

 

でも待ってください。どんなにその人に良くしても、頑張っても、相性が良くない人が必ずいるものです。

 

人それぞれ、好みが違うように、私という人間と合う人、合わない人がいてもおかしくないわけです。

だから、無理にみんなに好かれる必要はないと思います。特に、私という人間に好意がない人には。

確かに、自分自身のことを好まない人がいるということはとても悲しいことです。

でも、例えば、山が好きな人もいれば海が好きな人もいる、青が好きな人もいれば赤が好きな人もいる。人それぞれ好みがあるように、相性があるわけです。千差万別、十人十色。

 

自分のことを好きでもない人のために、気を使って、遠慮しても、それは時間の無駄使いだと思います。

 

ですから、仕事やプライベートでいろいろな人の中に、自分のことに好意がない人がいて、そのひとの対応が冷たくても、無理に好かれようとせず、そういうものだと割り切っていると気持ちが楽です。

 

今、仕事で取引している方は、あまり私のことを良く思っていないようで、最初は顔色をうかがいながら話したり、要求にはなるべく答えるようにしていましたが、なんだか、自分本来のポテンシャルが出ないのです。

でも、仕事とだ割り切った上で、さらに、その人のためにどうやって接していくか考えることは控え、仕事のことだけを考えることにしました。そして言うべきことは言う。そうしないと仕事に支障も出ますから。そうしたら、気持ちが本当に楽になりました。

 

悩む分の時間を仕事に使うことができるので、効率も上がったと思います。

 

これだけ人がいるのですから、100パーセントの人が自分のことを好きになってくれるということはあり得ません。無理なのです。そういうものなのです。

 

ですから、今は、自分のことを好きになってくれている人を大事にしていこうと思っています。

きっと縁があって出会って、時間を共にするのですから。

自分らしくいきましょう!

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください