未分類

糖質制限の食事を2週間続けたら2キロ痩せましたがデメリットも

 

糖質制限の食事を2週間試しに続けてみました。

 

その結果、2キロほど痩せました。(ただし、デメリットもありました。)

 

というのも、健康診断で血糖値が正常値よりも少しだけ高いよと医師から指摘があったからです。

 

言われてみると思い当たる節があります。

 

それは、お昼に、おにぎりとカップ麺やパンの組み合わせを食べたり、夕食にはパスタ大盛やご飯大盛を食べていたことです。

 

ということで、さすがに、40歳になると血糖値や成人病も気にしなくてはいけないと思い、糖質制限の食事を試みたわけです。

 

どんな食事をしたか

 さてどんな食事をしたかといいますと、糖質制限を始めたころは、朝食に魚肉ソーセージをメインにチーズを組み合わせていました。

お昼はサラダをメインにハムカツや唐揚げ、ハンバーグなどを組み合わせ、たんぱく質を取るようにしました。

夕食はサラダとおかずをメインにしてご飯は茶碗半分以下。

 

たんぱく質を取るようにした理由は、血中の糖を補うために筋肉を分解して糖に変える機能が体内ではたらき筋肉量が減り、痩せにくい体になると聞いたからです。

 

揚げ物の衣や穀物も糖質が含まれていますが、さすがにそこをカットすることはやりすぎと思ったので、あくまでお米、小麦のカットにしました。

 

結果ウエスト回りが細くなり、2週間で2キロほど体重が減りましたが、デメリットもありました。

 

それは、始めた当初は血糖値が下がったせいか、頭がボーっとして集中力が上がらなかったことです。

 

お客様との大事な打ち合わせがあったので、正直な気持ち、これはマズイ、糖質制限の方法を変える必要があると実感しました。

 

そこで、食生活や食の環境を改めて考え直したところ、

 

お米、うどん、パスタなど糖質を必要以上に食べているのではないか?

→適度に糖質の摂取

 

お弁当にしても、外食にしても糖質の多いメニューがあふれているのではないか?

  →メニューを厳選し、食べ方を改善

 

ということでした。

 

そこで、まず、朝は魚肉ソーセージとパン半切れに変更。

 

昼はサラダをメインに肉類や魚類のおかずとおにぎり一つ(スーパーやコンビニでの場合)か、外食のランチではごはん少な目。残すと失礼なので・・・

 

牛丼やラーメンやパスタは避ける。

 

夜はサラダをメインに肉や魚のおかずとごはんを茶碗半分。

 

サラダはどんぶり一杯くらいです。

 

イメージとしては、コンビニやスーパーで100円で売っている袋詰めの千切キャベツ一袋の量といったところ。

 

すると、頭がボーっとすることもなくなり、日に日に食べる量も少なくなり、徐々にですが体重が落ていくようになりました。

 

ご飯を食べるときもルールがあり、先にサラダを完食して次におかず半分、最後に残りのおかずとご飯。

 

野菜を先に食べることで、糖の吸収を鈍くするとか。

 

今は、野菜もたくさん食べているので、体の調子は良くなりました。

  

ところで、何で糖質が多い食事になっているのか。

 

まず、外食に目を向けると、手ごろに食べられる牛丼やラーメン店、立ち食い蕎麦店が身近にあること。

 

確かに、仕事で忙しい人にとっては、お昼も夜も強い味方です。

 

でも、ラーメンとチャーハンセットは糖質の宝庫・・・

 

食費を抑えたい人には、おにぎりやパン、カップ麺の組み合わせがちょうどよく感じること。

 

お湯もコンビニやスーパーで入れられて、500円以下でおさまります。

 

スーパーやコンビニでのお弁当には野菜がほとんど入っていないため、別で買う手間があること。

 

さらに、お弁当とカップ麺の組み合わせは安くお腹いっぱいになるためついつい買いがち。しかし、糖質の摂取は多いはず。

 

また、お店側の事情と買う側の事情が売価の面でマッチしているというのも挙げられまると考えます。

 

(私自身はおかずや具材の方が充実しているお弁当が安価で販売されていたらありがたいと思ういますが)お弁当にしても、おかずよりもお米や麺類を多くした方が販売価格が安くできますので、買う方としても安く売っていればありがたいから。

 

家庭でも、おかずよりもお米を食べたほうが食費が安くおさまるし、そもそも日本人はお米が大好きです。

 

ですから、お米をたくさん食べることで、食べたという満足感が湧くため、ついつい食べてしまいます。

 

牛丼に至っては400円前後で食べることができ、安価で満足感が得られます。

 

うどんや牛丼のように安価に食べられるメニューはほとんどがお米や小麦の糖質。

 

決してお米や小麦が悪いと言っているわけではありませんし、血糖値が正常であれば、たまに食べる分には全く問題ないと思います。

 

本当に、普段から食べているものは、糖質がいっぱいです。

 

食事以外でも、小腹が減ったらチップス。

 

これも、糖質。

 

デザート食べたいな・・・ケーキや、シュークリーム。

 

これも糖質。

 

のどが渇いたからジュース。

 

これも糖質。

 

とはいっても、一切、口にしないことは無理ですし、食べないこともストレス。

 

要は食事はバランスが大事。

 

バランスよく食べるにためには、考えながらメニューを選ばなければなりません。

 

ということで、巷には炭水化物メインの食べ物があふれていますが、バランスよく食べましょう。

 

あと、現代人は野菜不足になりがちです。

 

糖質制限の食事をする際に、意識して先に野菜を食べるようになります。

 

野菜をたくさん食べるきっかけにもなっていてよいのではとも感じています。

 

最後に、自分は大丈夫と思っていた私ですが、医師から血糖値の指摘を受けたときは正直ショックでした。

 

飲酒も喫煙もしないので・・・

 

でも、良いきっかけとして食生活には気を配ろうと考えています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください