都内

赤羽駅で待ち合わせや乗り換えの合間にやなかコーヒー

今日、友人と都内に出かけるのに赤羽駅で待ち合わせをしました。

自分の方が15分くらい先に付いたので、駅の中にある谷中コーヒーで待ち合わせることに。

スポンサーリンク

 

赤羽駅の中には他にもコーヒー店や一息つけるベーグル屋さん、パン屋さんがあるのですが、店内で豆を挽いていて、静かで居心地が良い、やなか珈琲にしました。

やなか珈琲は谷中をはじめ根津、北千住、赤羽駅、銀座など都内32店舗を展開していて店内で飲むことはもちろん、生豆から自家焙煎したコーヒー豆を買うこともできます。

 

さて、本日はオリジナルブレンド(240円)を注文。

 

注文後に呼ばれますので、席につくと、30秒くらいで「ブレンドのお客様」と声がかかり受け取りにレジまで行くと、おまけで試飲のコーヒーまで頂きました。

試飲のコーヒーは東ティモールのコーヒーでした。

といっても全くどんなコーヒーか分からないので、オリジナルブレンドを二口ほど飲んでから、試飲してみました。

オリジナルブレンドコーヒーは酸味がなく、コクがある感じ。よく焙煎されていて、風味と苦みもあり、甘いデザートに良く合いそうです。朝の一杯にはちょうど良い苦みと言え、眠気の頭の目覚めと、この頭をすっきりさせてくれそうです。持っていた本を読む相棒にもってこいなコーヒーです。試飲の東ティモールのコーヒーはブレンドとは対照的で、苦みがさほど無く、酸味があってコーヒー豆の味が引き立てられている印象でした。鼻を抜ける香ばしさと酸味が気持ちの良い感じです。結構飲みやすかったです。

 

店内は、スポット型のダウンライトで明るすぎず、居心地が良いです。本を読むにも支障はない明るさです。

もちろん、待ち合わせの時間つぶしや電車移動の休憩にもバッチリな場所だと思います。

 

お客さんも結構来ますが、騒いだり大声を出す人はいませんでした。

テイクアウトする方や、豆を買いっていくお客さんのお姿もありました。

また、豆を挽いている音もしたり、香ばしい香りも漂っています。

居心地がよかったので、ついつい友人と合流した後も20分くらいしゃべってから移動しました・・・

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください