車を買うのにローンを組むことは良いことだと思う

車を買うときにローンを組むことは良いことだと感じています。

スポンサーリンク

 

というのも、車は高額な買い物ですから、現金一括で買うということは貯金の大幅な切り崩しになり、残った貯金が少ない場合には病気などの万が一ときに大きな支払いができなくなるリスクが高まることが理由のひとつです。(貯金が潤沢にあれば現金一括で購入することに問題はありませんが)

 

また、買えるまで貯金をすると、買うタイミングを逃してしまうこともあります。

 

特に中古車は走行距離や状態が一点物に近いため、目の前にあるタイミングで買わないと、他の人に買われてしまいます。

 

ローンを活用するということは、言い方は悪いですが、ある意味、他力本願で買いたいタイミングで車を買うことができるのです。

 

もちろん、毎月約定通りの金額を返済していくことが前提すが、銀行や信販会社から借りて買うことは、他人資本を活用できるわけです。

 

会社が借り入れをして設備投資するような感じですね。

 

例えば、300万円の車を購入するのに、自分自身で全額貯めるとなると、数年はかかると思いますが、ローン審査が通れば、すぐにでも契約ができるわけです。

 

確かに、現金一括での購入は金利がかからずに購入の総額で見ると安くなりますが、貯金を始めるとなると気が遠くなりますよね。

 

でも、所得や返済期間にもよりますが毎月無理なく返済できる範囲でローンを組めば、高級車でも買うことができる可能性が高まります。

スポンサーリンク

 

余談になりますが、ここ最近の車は高くなりましたね。

 

軽自動車でも総額で200万円に迫る勢いだし、SUVは300万円は必要だし、所得がなかなか上がらないこの時代には、車(特に新車)を買うということは超贅沢でもあり、車を所有することの効率の面を見ると、所有よりもレンタカーで十分という若者が増えるのは仕方のないことなのかもしれません。

 

そうはいっても、憧れの車や、乗りたい車には乗っていただきたいです。

 

車業界が生き生きとしている時代は経済が元気のような気がしますので。

 

車に乗ることで、いろんなところへ行けるし、車の中は友人や恋人同士だけの空間にも変わりますのでいろんな語らいもできるわけです。

 

夢や将来のことを誰にも邪魔されず気軽に話せる空間って、自宅以外に車の中が最適な場所だと思うのです。

 

話が脱線しましたが、車をローンを組んで買うことは、欲しい車を買うのに一番の近道といえます。

 

車って、決して現金一括で買う必要はないわけですし、背伸びしてグレードの高い車をローンを利用して買えれば、今度はその車に見合う人間になれるように自分自身が頑張ることで、人生が楽しく、飛躍できるとも感じています。

 

というのも、私自身、中古ですがベンツを買ったときに、手持ちの貯金を切り崩したくなかったので、半分をローンにしました。

 

というか貯金はいうほどありませんでした。

 

でも、ローンのおかげで、状態のいい一台を買うことができましたし、まさか自分がベンツに乗れるなんて思ってもいなかったので、今度は自分自身がこのベンツに見合う人間になってやると心に決めました。

 

その時から、仕事も順調になり、今では仕事やプライベートを楽しんでいます。

 

ベンツを買ってとてもよかったと思っていますし、ベンツにも感謝しています。

 

今や相棒ですね。

 

きっと現金で買うと決めて貯金を始めていたら、一目ぼれしたこの中古のベンツは他の人の手に渡っていたはずです。

 

ですから、車をローンで買うということは、返済さえきちんとできる計画であれば、その範囲内で欲しい車を買うことができますので、とても良いことではないかと感じています。

 

また、ローン審査を通過できるという実績をつくることも今後ローンを組む際にもメリットになりますから。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください