, 都内

辰巳第一パーキングの眺めと車好きが集まる理由

首都圏にお住まいで、車と走ることが好きな方は辰巳第一パーキングに行ったことがあるのではないでしょうか。

 

車好きの聖地としては大黒パーキングが有名ですが、辰巳第一パーキングも駐車スペースが普通車で29台という少数にもかかわらず車好きの聖地として名を馳せています。

スポンサーリンク

 

ではなぜ辰巳第一パーキングなのか。

 

これについて、個人的な見解ですが、やっぱり眺めではないでしょうか。

 

辰巳第一パーキングからは、豊洲方面など湾岸エリアの高層マンション群がきれいに見えて、特に晴れた青空の日はスカイブルーのキャンバスに高層マンションが絵画のように絵が描かれ、そのキャンバスの一角に自分の愛車も映し出されるという都会ならではの楽しみがあります。

そして夜になると、キャンバスの背景は黒へと変わり、その黒いキャンバスの中に高層マンション群の明かりが連なる夜空の星のごとく映し出され、とても神秘的です。

 

愛車でドライブを楽しみ、途中辰巳第一パーキングに立ち寄り、自販機でドリンクを購入しベンチに座り一口飲めば、都会にいながらも日頃の疲れが飛ぶかのよう。

 

辰巳第一パーキングからの晴れた日の景色とビル群の夜景とそのビルの造形美は本当に美しいです。

そして小規模駐車スペースならではの特性を生かして、美しい眺めの中、小規模の集まりや一人でのドライブでの立ち寄りをするといった感じで車好きの欲望と感情を満たしてくれるわけです。

ですから、辰巳第一パーキングではスーパーカーの集合場所としても使われることがあります。

 

余談ですが、ご自分の愛車とのフォトスポットとしても良い場所です。

夜景デートも最高ではないかと思います。

 

今回立ち寄ったときは、大黒パーキングでスーパーカー集団を見た後だったのでとても静かに感じましたが、逆に大黒パーキングのような雑踏が無くゆっくりとした静かな時間を、きれいな景色と共に過ごせてとても気持ちが安らいだ感じです。

 

ポルシェの一団も立ち寄っているようでカラフルでしたが、辰巳第一パーキングではよくある光景。

 

行き方

辰巳第一パーキングパーキングへは首都高湾岸線有明方面から9号深川線へ分岐する辰巳ジャンクション内にあります。

ですから、9号深川線を上り方面に分岐した車だけが立ち寄ることができます。

分かりにくいですが、案内標識を見ながら進めばたどり着くと思います。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください