, 車選び, 都内

メルセデスベンツコネクションで新型AMG E63S 4MATIC+の試乗

自分のブログでよく登場する六本木のメルセデスベンツコネクション。

訪れると、スタッフの方からいつも笑顔で話しかけていただいたり、接していただき本当に感謝です。

しかも、普段触れることができないようなAMGの試乗までさせていただいて本当にありがとうございます。

今まで抱いていたベンツの印象が、がらりと変わりました。

 

やっぱり、試乗体験をしてみないとわからないことがたくさんあります。やっぱり、ベンツは高いだけの理由や品質があるんだなあと感じることができました。

百聞は一見に如かず・・・

 

さて今回は、散歩の途中でふらっと立ち寄ったメルセデスベンツコネクション。

相変わらず、試乗をさせて頂きました。しかも今回は、新型のAMG E63S 4MATIC+。

なんと価格は1700万円!本当に、メルセデスベンツコネクションじゃないと試乗できる機会なんてありません。

といても、左ハンドルだったので、左ハンドル運転経験がほとんどない自分としては今回は助手席。

 

結果的にはAMG E63S 4MATICは走りと安全性を兼ね備えた素晴らしい車です。

 

 

まず、助手席に乗り込んだ感想。以前運転席に座らせていただいた新型Sクラスによく似ている印象です。スピードメーターなどの計器類が液晶画面になっていて近未来的で高級感が漂うインパネ回り。ダッシュボード中央にはワイドスクリーンがあり、ナビのほか、走行中に横Gやエンジン出力、トルク、加給圧までも表示してくれます。レザーをふんだんに使用した室内は高級感満載。青のイルミネーションがアクセント。

 

 

助手席のドアを開け、黒のレザーシートに座った瞬間には、硬めでホールド感があるけれど安心感も伝わってくるこのレザーシートからも走りを追求したモデルであるということが伝わってきました。

 

エンジンをかけた瞬間、マフラーサウンドはおとなしく、気にしないとサウンドが車内に入ってこない印象。

コンフォートモードに設定されていたためです。

 

 

そして、ゆっくり走りだしたときもコンフォートモードのため、すこぶるジェントルな走り。ストレスのない落ち着いた走り出しと加速、おとなしいマフラーサウンド。

ちなみにコンフォートモードは快適性と燃費重視のモードです。

 

走り出しすぐに、スタッフの方から、運転席と助手席にはリラクゼーション機能が付いているとの説明を頂き、さっそくセット。程よく優しいタッチのマッサージチェアといった感じでロングドライブには座り疲れた背中をもみほぐしてくれそうです。

 

さらに、このAMG E63S 4MATIC+はAMGS63と同じような安全機能が一部装備されていて、今回の試乗では、まるで車が意志を持ったかのように前を走行する車の車間を保ちながら追従し、ハンドルを小刻みに調節しながら車自身がきちんと車線をキープして右折レーンでの信号停止までの走りを体験できました。

 

自動運転とまではいかないにしても、すごい。車載カメラと、車の周囲に設置されたセンサーやソナーで周囲の状況を確認して走行しているとのこと。

車載カメラとセンサーとソナーを全部装備しているメーカーは少ないそうです。

 

そんな最新の安全装備や高級感のある車内を堪能している中、大通りに出た瞬間、このAMG E63S 4MATIC+の本当のすごさ思い知りました。まさに、メルセデスベンツがAMGブランドとして作った意味を思い知ることができたのです。

 

まず、信号待ちの間にSPORT+モードにダイヤルを設定、その後大通りへと右折し、運転しているスタッフさんから、加速してもいいですかと2回聞かれました。このとき、いいですと気軽に答えたのですが、2回聞かれた意味が加速してわかりました。

 

アクセルを踏んで加速をした瞬間、体と内臓までもがシートに押し付けられ、息をすることが苦しくなり、あまりの加速に足が震えました。景色は横に線のように流れ、目の錯覚かと思うくらい。

車に乗っていて初めて恐怖を感じました。

それもそのはず、このAMG E63S 4MATIC+のエンジンは4リッターV型8気筒ツインターボで、なんと612馬力、トルク86.7キロ。

モンスターマシンです。しかも、0-100km/h加速は3.4秒。スーパーカー顔負けの加速です。加速した瞬間に一瞬で豹変したとでもいうべき。

大袈裟ですけど、富士急ハイランドの「ドドンパ」的な印象。

 

SPORT+モードに設定すると加速やハンドリングが鋭くなり、足回りが硬くなり、マフラーサウンドも大きくなり、まさにスポーツ走行に適したダイナミックな走りを堪能できるようになります。

 

このSPORT+モードに設定したことで「ドロドロ」というマフラーサウンドが大音量であたりに響き渡り、先の信号で減速するときにシフトダウンするとブリッピングで再びマフラーがうなりを上げ、「パンパン」という音も。ミスファイアしていると思われます。

今回の加速で、レーシングドラーバーは常に高速の世界で勝負をしているわけですから本当にすごいと思いました。自分なんかは、あの一瞬の加速で驚いているのですから・・・

 

4WDシステムの4MATICは強烈な加速でもきちんとトラクションをかけて安定した走りをしている印象がありました。加速は恐怖でしたが、走りは安定して安心でした(笑)

 

ダッシュボードの中央のワイドスクリーンには加速時、馬力計とトルク計が表示されていて、500馬力から600馬力付近を表示していました。ところが、普通に走っているときはこの馬力計とトルク計のデジタルメーターの針は下の方を指したままでしたので、普通に走るときはこの車の性能の10パーセントくらいしか使っていないのではないでしょうか。

 

さて、試乗も大詰め。メルセデスベンツコネクションに戻る途中のカーブでは、ホールド感のあるシートが横Gで重圧がかかる側の脇を支えるよう膨らんでサポートまでしてくれました。もう至れり尽くせりといった印象です!

 

AMG E63S 4MATICの、そのままサーキットへ繰り出せるパワーと足回りと走行性能、そしてドライバーの運転をサポートしてくれるシートや安全装備。このままサーキットでも行って走ってくれないかなって思うくらい素晴らしい体験ができました。

 

今回の試乗を一言でまとめると、AMG E63S 4MATIC+はまさにスポーツ&ラグジュアリー。

 

それと、余談ですがAMG自体が五感で楽しめる車だなって、何度かの試乗を通じて思いました。

加速で掛かるG、ハンドルを回して車を操る面白さ、ハンドルやシート全体に伝わる振動、エンジンやマフラーが奏でる音、周囲からの視線などがとても心地よい。しかも、エンジンは一人のマイスターが組み上げるこだわり。

いずれは試乗でなく所有に変えたいです!

がんばろうっと・・・

 

ちなみに、最後にオートパーキングの体験をしました。

縦列駐車でしたが、ハンドルを握らなくても、車自身が車載カメラやセンサー、ソナーを駆使し自動でスムーズに駐車しました。ハンドルを握っていないのにグルグル勝手に回って、切り返しもしてあっという間に駐車完了。素晴らしい!

 

AMG E63S 4MATIC+

 

全長4995㎜ 全幅1905㎜ 全高1460㎜

エンジン DOHC V型8気筒ツインターボチャージャー  3982cc

最大出力 612馬力  最大トルク86.7kg

燃 費  JCO8モード 9.1km/ℓ  アイドリングストップ機能・気筒休止等

トランスミッション 電子制御9速AT

駆動方式 四輪駆動

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください