スイーツ, 群馬

群馬のソウルフード焼きまんじゅうを懐かしむ

焼きまんじゅうと言えば群馬のソウルフード。

パン生地のようなふんわりとしたまんじゅうに砂糖と味噌で作り上げた甘い味噌ダレを塗って焼き上げたまんじゅうです。

 

炭火などで一串一串焦げ目がつくまで丁寧に焼くことで、味噌ダレが香ばしくなります。

 

店先ではウナギを焼くがごとく、香ばしい煙が漂い食欲をそそる感じです。

炭火の上で、パチパチと音を立てながら焦げ目が付いていき、美味しく仕上がるのです。

 

まんじゅうには気泡が程よく含まれ、ふんわりとしていて、味噌ダレの見た目よりも食べやすく、一串分の4個はあっという間に完食してしまうはずです。

 

焼きまんじゅうと言えば、30年くらい前には近所のスーパーの店先で焼いて販売していたり、高崎の白衣観音にお参りに行った帰りに参道の屋台で焼きたての焼きまんじゅうを買って帰ったりしました。

 

お祭りの屋台や、街中や観光地の個人商店で焼いて売っている姿も結構目にしました。

 

しかしながら、最近では、スーパーでは見なくなりましたし、観光地や街中の個人商店も少なくなった印象です。

 

当時、買い物に行った帰りや遊びに行った帰り、初詣の帰りに買って帰ったり、親戚などで集まるときには買って用意したこともありました。

登利平の鳥めしに続く群馬のソウルフードですから。

 

高校生くらいまでは良く食べていた記憶です。

おやつですね。

 

今や懐かしい味になりつつあります。

 

そんな焼きまんじゅうを先日食べることができました。

四万温泉にある焼きまんじゅう屋の島村さんです。

美味しいとのうわさで、テレビの取材もあったとか。

店先には甘く香ばしい匂いが漂い、お客さんもいて期待大です。

群馬県民の血が騒いだ瞬間!

さっそく、焼き立てを注文。

一串一串にハケで味噌ダレを塗りながら味を染み込ませて炭火で香ばしく焼き上げてくれました!

そしてすぐさまパック詰め。

冷えてしまうと、硬くなってしますので時間との勝負。

近くの広場を見つけに移動して、家族でおいしく頂きました。

ふんわり生地のまんじゅうに甘味噌ダレの香ばしさが合う!

懐かしい子供のころを思い出し感無量でした。

 

やっぱり焼き立ては温かくて美味しいです。

 

みなさま群馬に訪れたときにはぜひ焼きまんじゅうをよろしくお願い申し上げます!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください