スイーツ

伯爵邸でデカ盛りパフェを食す

先日、仕事帰りの飲み会の後に甘いものが食べたくなってふと立ち寄った大宮にある伯爵邸。

ついこの間、伯爵邸でサイコロステーキを食べたばかりだけど、一度面白い店だと感じると、やっぱり、また行きたくなるものですね。

前回のブログでサイコロステーキを食べたことを綴った内容で「また行ってみようと思います」なんて書きましたが、本当に来ました!

 

さて今回は、男3人で伯爵邸です。

しかも3人とも甘いもの好き。

豊富なメニューの中からスイーツを探すのに時間がかかりました。

最初のページから見ていったのですが、見当たらない「まさか!ない!」なんて思ったら、一番裏のページにありました(笑)

 

迷った挙句、自分はチョコバナナパフェ、他の二人は沖縄の紅芋のパフェ、バニラアイスを注文。

 

メニューで見る限りデカ盛り。

 

食べきれるのかなんて笑っていましたが、届いたサイズは本当に大きい。

 

 

ファミレスのサイズは遠くおよばずっていうサイズです。

 

チョコバナナパフェの見た目は、まず、パフェ用のカップから山盛りに盛られていて、生クリームがちょっとこぼれ落ちそう。

チョコレートソースにバナナが、まるで建物にタイルを張り付けた左官のごとく張り付いています。

波打つ生クリーム、バナナの順にパフェの側面を飾っていて頂点にはサクランボ。

横から見るさまは、まるで富士山を駆け上がるご来光。

生クリームにスプーンを入れると、中からはチョコレートアイスが2段になっているのが見えました。

カップの底にはコーンフレークが入っていて、コーンフレークという大地の上にチョコレートアイス2段を大黒柱にして作ったパフェというテーマパーク。

 

甘い生クリームとバナナの味と触感は王道ですね。食べるのが大変だろうななんて思っていたけど、食べきれるという確信に変わりました。

生クリームの甘さとバナナの青臭さの中にある程よい甘さと独特の触感がマッチしておいしい。

チョコレートアイスは生クリームと一緒に食べると、一層クリーミー。超ミルクチョコレート。

しかもチョコレートアイス2段は、さすがに満腹感にしてくれます。

 

生クリーム、バナナ、つめいたいチョコアイスを別々に食べてもよし、スプーンに全部乗せもよし。とにかく量が多いのでいろんな食べ方ができます。

 

価格は750円でしたので、この量ではお手頃です。

 

みんなでシェアしていろんな種類のパフェを食べてもいいですね。

 

ちなみに沖縄の紅芋のパフェ。

 

 

バニラアイス。

 

 

しかし、甘いものを食べるとなんだか気持ちが落ち着くというか、ホッとするというか・・・

 

仕事やプライベートでイライラしたり疲れたり、気分が落ち込んだ時は甘いものを食べるといいですね。

 

みなさんも疲れたときやイライラしたときは甘いもので気分を入れ替えてみては。

 

 

伯爵邸

埼玉県さいたま市大宮区宮町1-46

TEL 048-644-3998

営業時間 年中無休 24時間営業

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください