ディナー, ランチ

角上魚類の寿司のオードブルは鮮度とネタが良い

家族が集まるときや、お盆、年末年始にお寿司を買うときには角上魚類に行くことが多いです。

というのも、鮮度が良く、厚みのある高級な寿司ネタをお手軽に食べられると感じているからです。

個人的には結構オススメです!

角上魚類って呼びづらいので略して、角上って呼んでいます。

スポンサーリンク

 

角上魚類とは

角上魚類とは新潟の寺泊が本店の魚介類を扱うスーパーマーケットです。

新潟寺泊が本店ですが、関東に20店舗以上お店を構えています。

新潟から、角上魚類が自社で所有するトラックで毎朝各店舗に直送された魚介類を、店内で刺身や切り身にしているため、鮮度が良いわけです。

 

オススメはお寿司

特にお寿司はオススメです。

パックにつめたれたお寿司は鮮度が良いため、艶や色合いがよく、厚みもあります。

 

年末に買ったお寿司のオードブルは一枚3500円でしたが、24カン入っていて、その種類はマグロはもちろん大トロ、中トロ、イクラ、ホタテ、エビ、タイ、イカのいわゆる高級ネタを含めた8種類。3カンづつ。

 

 

切り身が大きく厚いので食べ堪え抜群です。鮮度がいいので魚の味が濃く、おいしいのでぺろりと食べてしまいます。

 

特に大トロと中トロは油が乗っていて甘いです。

 

中トロ(画像奥)は程よく白く輝く油が散っていてピンク色に近い赤。

厚みが1センチ近いものも。

程よい油はいやみや癖がなくおいしいです。

 

大トロ(画像手前)は大粒の油の部分があって、和牛の霜降りのような感じ。中トロに比べると油が多いですが、くどくないため、また食べたくなります。マグロの味に大トロ特有の濃い油が広がります。

 

マグロの赤身はきれいな赤。しっとりとして、柔らかく、噛むと口の中に赤身の味が広がります。

スポンサーリンク

 

そのほか、イカは柔らかく、イクラも味が濃厚。

 

ホタテやエビ、タイも鮮度が良いことが食べてわかると思います。

 

この鮮度、質感、味をお店で食べれば、倍くらいの値段はするのではないかと思うくらいです。

 

料亭や高級寿司店レベルといった印象です。

 

お盆や年末はとにかく混みます。早めにいかないとオードブル以外の寿司は売り切れになりますので要注意です。

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください