お金について, 仕事, 目標達成

願いは思い続けると叶うのではないかと思った

さっき、20代の頃のことを思い返していて、ふと思いました。

それは、願いや希望、願望、目標は思い続けることで叶うのではないかということ。

スポンサーリンク

 

今考えると、経験も少なく少々イキがっていて、自分が正しいなんて思っていたあの頃から成長したなって実感しています。

あまり自慢できるような記憶はありませんが、唯一20代の頃と変わらないことは、欲しいものは欲しいと思うこと。

所得が少ないから無理とか、まだ君には買える品物ではないとか、維持できるのとか周囲の人から言われたこともあり、その通りと言えばその通りなのでしょうが、その意見は全く夢の無い意見ではないかと思います。

やっぱり欲しいものは欲しいですし、手に入れたいという気持ちが無ければつまらないです。

そんな周囲の意見は意見として聞いておきつつ、自分の希望、願望、目標は持ち続け今にいたるわけですが、あの20代の頃の目標が幾つか叶っていることにふと気が付いたわけです。

 

まず、当時から思い続けたことは、輸入車を買うこと、高級時計を買うということ、資格を生かした仕事に就くこと。

 

特に車に関しては自分でもびっくりです。と言っても大げさな目標ではありませんが自分には大きなことでした。

10代の頃から車が好きで、社会人になってからロードスターやパジェロ、アウトランダーを所有してドライブからアウトドアまで楽しんできましたが、大学時代から思い続けていたのは30代までにはフェラーリ(いまだ叶っていませんが)やベンツを所有するということ。フェラーリはあの官能的な音に引かれて興味を持ち、徐々に気持ちの中でその存在感や芸術品としての存在価値が所有欲を掻き立てました。でも、なかなかお高い車であり、維持費も半端ない。所有者を選ぶ車と言われるくらい所有することは大変なこと思っていますので、いまだに所有することはできませんが、目標として今頑張っています!

ベンツはSUVのMクラスのデザインが好きでやはり、20代の頃から欲しいと思っていました。中古であれば欲しいモデルが手に入るかもしれないと思っていましたが、維持費を考えると手が出せないと考え続けて、約10年。

ところが、気が付いたら買っていました。というか、欲しいモデルが中古でお手頃になっていたという理由も買うことができた理由の一つでもありますし、所有したいという願望に掻き立てられて頑張ってきたという結果でもあります。確かに、オイル交換やブレーキパッド、タイヤなどメンテナンスや車検には国産車の倍以上のお金がかかりますが何とかなっています。

しかもMクラスを買う1年前に嫁さんに向かって「一年後にベンツのMクラス買う!」と宣言っていたようです。

スポンサーリンク

 

今思えば、欲しいと思い願い続けて、行動が変わったのかなと思います。

生活費を切り詰めて、お金の大半を車につぎ込めば、確かに高級車を買うことはできると思います。でも、車だけが生活ではないので、まず生活の基盤をしっかり作ってから買うことにしています。生きる上では食費や住宅費から生活に必要なお金がかかるので、生活を犠牲にしてまでは買うものでもないと思ってるからです。

ですから、生活を犠牲にしないで好きな車の乗るといことはとても贅沢なことでもあり、大変なことだと思います。

でも、前向きに欲しいものは欲しいと思えば、頑張ろうとか、絶対手に入れてやる、というやる気が湧いて生活スタイルが変わります。

自分の場合は、まず資格の取得に力を注ぎ取得し、今の不動産という仕事に付くことができ(紆余曲折がありましたが)、前向きで考え方が広く懐の大きい社長に出会えて、楽しく日々学びながら仕事ができています。頑張れていると思います!

 

もちろん思い続けることは大変だと思います。

周りで、君には無理だよとか、現実を見なさいとかいう人を夢泥棒なんて言いますが、そんな夢泥棒の言うことは一つの意見として留めておき、自分の考えや行動は自分で決めて行動することが自分にとって良い結果を生むと思います。

決して、自分には無理だとは思わないことが大切です。

欲しいものは欲しいと思う素直な気持ちを大事にするべきです。

欲しいと思う気持ち自体にはお金もかからないしリスクもありませんしね。

それに、夢泥棒が何をしてくれるわけでもありませんから。

結果的に、周囲の人も、目標を持って頑張っている人が近くにいれば気持ちが良いと思いますし、目標が叶えば自分も気持ちが良いです。毎日が楽しくなります!

 

ということで、夢や目標を持ちこれからも、これ欲しい、手に入れるって言い続けようと思います。

 

ちなみに、フェラーリは未だに買えずじまいですが運転をさせていただく機会があり、30分程フェラーリを堪能することができました。

少しづつではありますが、購入できる時が近づいてると思っています。

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください