身近な疑問

年末年始と連休の御殿場アウトレットの渋滞と混雑は回避できる?

御殿場アウトレットといえばアウトレットの先駆け的存在で、店舗数も多く、その数なんと205店舗。

駐車場は5000台。

スポンサーリンク

 

プラダやグッチのような一流ブランドからGAPBEAMSJUNなどたくさんのお店が入っていて、時間を忘れてお買い物ができます。

フードコートも、もちろんありますので食事の心配もなし!

 

御殿場インターを降りて5分で着くという何とも行きやすいアクセスですので人気度の高いアウトレットです。

 

ところで、御殿場アウトレットは、人気が高く、東京方面からも名古屋方面からもアクセスが良いです。

また、山梨方面や箱根方面からも来ることができますし、圏央道が開通してからは関越道からもアクセスが良くなり、群馬方面からも来ることができるようになりました。

ということは、東京、群馬、栃木、箱根、山梨、名古屋の各方面から御殿場アウトレットに来ることができるため、以前よりも増して混雑しているのです。

 

特に連休や年末年始は大混雑

この混雑は回避することは難しいです。

 

10時からの開店に合わせて行っても、アウトレット併設の駐車場へは入場待ちの列に並ぶこと必至。

開店1時間前には待機していないと入場できないです。

 

観光の帰りに立ち寄る場合は、すでに混雑していますから、アウトレット併設の駐車場には駐車するためには30分から1時間は待たないと停められないでしょう。

 

お昼前にはすでに渋滞は始まているのです。

しかも、夕方5時くらいでも駐車場入場待ちの車が列を作っています。

 

時間に余裕があるときや、大量に買い物をするときには併設の駐車場に駐車したほうが便利ですね。

 

渋滞回避はできる?

少しでも早くアウトレットに到着してお買い物をしたい人は、どうすれば渋滞を回避できるのでしょうか?

 答えは、渋滞を回避してアウトレット併設の駐車場に到着することは難しいです。

その代わり、早めにアウトレットに到着する方法はあります。

  

それは、少し離れたアウトレット専用の臨時駐車場に停めることです。

えっ、離れると歩くのが大変じゃないのって思いそうですが、ご心配なく。

 

きちんと、臨時駐車場からはシャトルバスが発着しています。

駐車場からアウトレットまでちゃんと送迎してくれて、しかも無料です。

 

15分くらいの間隔で発着しています。

出発までの待ち時間はありますが、バス専用のルートを通るので渋滞を避けることができ、5分ちょっとでアウトレットに到着することができます。

渋滞のイライラもなく、早いです。

 

バス専用のルートを走るため、アウトレットまでの側道を一直線走るのではなく、数回右左折をします。

立って乗車しているときはしっかりと手すりにつかまっていたほうが安全です。

 

また、帰りの時間帯では気を付ける点があります。

それは、行きに乗ったシャトルバスの番号を覚えていないと、どのバスに乗って良いのかわからなくなってしまうことです。

 

御殿場アウトレットの無料シャトルバス発着所には各臨時駐車場行きのバスが発着しますので、行きの乗ってきたバスの番号はお忘れにならないように。

バスに乗る前にバスの番号を確認し、バスから降りた場所や、車内放送をきちんと聞いておけば問題ないはずです。

 

あと、閉店までお買い物をする場合は、シャトルバスの最終便を気にしたほうが良いです。

買い物をする前に、最終は何時なのか確認をしていたほうが安心です。

 

渋滞を避ける方法として、臨時駐車場に車を駐車し、無料シャトルバスを活用することで渋滞時間を買い物に充てられるということになるのです。

 

臨時駐車場は、御殿場インターを降りて、アウトレット方面への側道入り口付近にあります。

 

案内係の方が案内板を持って、拡声器で臨時駐車場の利用を促していますので、注意して見ると良いです。

 

 混雑の回避は

アウトレット内の混雑はどうしようもないです。

連休や年末年始のアウトレット内は、お客さんで超混雑です。

通路には人があふれ、ウエストゾーンとイーストゾーンを結ぶ橋はすれ違うのも大変なくらいです。

 

プラダは入場規制をしていて、列が絶えません。

連休や年末年始は混雑していてどうすることもできませんが、それだけ御殿場アウトレットが人気で、価値があるということの裏付けではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください