ランチ, 群馬

高崎市吉井町の魚健でカキフライを堪能

お盆休みなどの休日に群馬に帰省したときに、たまにご飯を食べに行くおススメの店があります。

それは、高崎市吉井町にある魚健本店です。ちなみにららん藤岡にも支店があります。

魚健は魚料理を売りにしていて、刺身や寿司から海鮮丼や定食まで魚を中心にしたバリエーション豊かな料理を取り揃えています。

 

お盆に帰省した今回は、魚健に家族でお昼を食べに行きました。

いつも道がわかりずらいなって感じるので、行かれる際はカーナビをセットするといいです。

駐車場に車を停めたあと、いざ店内へ。客室は2階にあるので、階段かエレベーターであがります。

エレベーターがあるっていうところがうれしいですね。お年寄りや妊婦さんも安心してあがることができます。

 

席に着くや否や、さっそくメニューを開くと、豊富な中から選ぶのは迷ってします。ですが、以前、カキフライの単品を注文したときに、半端ないボリュームに圧倒された記憶がありましたので、今回はカキフライ定食に決定。

 

そうそう、カキといえば、ご存知の通り、海のミルクといわれ栄養豊富ですね。

夏ばてした体にちょうど良いメニューです。

 

雑談を家族でしていると、大きなお盆に俵ような姿の丸々としたこんがりキツネ色のカキフライが到着しました。

 

 

下に7個、上に2個の合計9個のカキフライが横長の白い和食器に山になっていて、見るからにサクッとしそうな感じです。第一印象はお盆の大きさと、カキの盛り方と、食べごたえのありそうな姿にビックリ!

 

脇にはサラダが備え付けてありますが、備え付けにしては、これも豪華。

たこをキムチ味に煮込んだサイドメニューも小鉢でついていますが以外に存在感ありです。

ご飯は普通の量ですが、カキフライが多いのでちょうどよさそう。

 

まず、カキフライにタルタルソースをつけて一口。良い塩梅に揚がっているカキフライはサクッとして、その後にカキのクリーミーな触感と潮の香りがするカキの味が広がります。

カキを口に運んでは次にご飯。その繰り返しをするわけですが、カキフライが9個は食べ応えがあります。ご飯が足りないくらいですね。

でも、カキフライだけでも充分満足なので、ご飯が先に食べ終わっても大丈夫。

9個あるとすぐには食べ終わらないのでもったいぶらずに食べられるのがうれしいです。

 

たまの箸休めでたこのキムチ煮。コリコリしたタコの触感に甘辛く煮込まれたキムチの味が癖になりそう。おつまみですね。

 

カキフライ定食は1300円ですが大満足でした。

 

ちなみに、嫁さんはいくら丼を食べていました。

1450円でこのボリューム。

 

 

一粒もらいましたがカツオ風味の出汁しょうゆの味が利いていておいしかったです。

なんで一粒かって?

『食べてって』もらった漬物についていたからです(笑)

 

いずれにしても魚に自信を持ってこそのこのメニューですから、基本的にどれを食べても当たりだと思います。

 

父が食べていたフライ定食に関しては大きな白身フライや大きなエビフライ、カキフライ、ウズラの玉子のフライ4種のほかに、普通に出てくるくらいの量の刺身盛が付いていてびっくりしました。

 

サイドメニューも注文しようか迷いましたが、もう食べきれな状況でした。

 

皆様もお近くに行れた際には立ち寄ってみては。おなかいっぱい食べれて、きっと満足できますよ。

 

魚健

吉井本店 住所:群馬県高崎市吉井町塩川48-1

電話:027-387-2120

営業時間:昼 11:30~13:30   夜 17:00~22:00 ラストオーダー21:30

定休日 :月曜日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください