未分類, 身近な疑問

他人が原因でイライラしたときの対処法は考えるのやめることだと思う

ここ最近、他人が原因でイライラしている自分がいることに気が付きました。

スポンサーリンク

仕事での取引先の担当者がいつもイライラしていて、資料を置きに伺い説明すると、噛みつくような態度と揚げ足を取るような発言で嫌みったらしく質問してきます。あからさまな口調なので聞いているとイラっとします。

その時は、きっと、仕事で嫌なことがいつもあるのだろうと思いその場は終わったのですが、数時間後、一体なんであんな態度をとるんだろうと考えているとイライラしてきました。

 

人を見下しているのか、八つ当たりしているのか、イライラのはけ口なのか、楽しんでいるのか・・・

 

しかし、そんな時ふと頭をよぎったのが、こんなことを考えて意味があるのか?です。

 

というのも、イライラの相手のことを考えても楽しくないし、余計にイライラするし、何より自分のために時間を使っていないということが考えられるから。

 

イライラの相手のことを考えているときは、その相手のために時間を使っているようなものです。

 

考えたくもない相手のことを考えているわけですから、結果的には相手のために時間を使っているようなもと言えるわけです。

 

ですから、その相手のことを考えることをやめて、自分のやるべきことを考えて、前に進むべきだと思います。

 

たとえ5分でもイライラの相手のことを考えた場合、その5分の間に、仕事であれば書類に目を通したり、資格の勉強中であれば、問題が1問くらいは解けるはずです。

 

つまり、時間の無駄を省けるということができます。

 

しかも、余計にイライラして頭に血が上り、自分自身が他の人への八つ当たりや、物に当たることもありません。

他人がイライラしていることで自分が嫌な思いをしてしまっているのに、自分自身がイライラして、他の人に嫌な思いをさせてしまっては、自分自身がイライラの相手と同じレベルにもなってしまいます。

 

というわけで、他人が原因でイライラしても、その人のことを考えず、もっと他の有意義なことを考えたほうが、時間も有効活用でき、精神的にも健全でいられると思います。

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください