ディナー, ランチ, 都内

神田駅でランチに迷ったら風龍で豚骨ラーメンが個人的にオススメ

良く仕事で神田駅周辺に行きます。

神田駅周辺はたくさん飲食店がありますね。

定食屋や居酒屋のランチ、ラーメン屋、そば屋、うなぎ屋などなど・・・

お昼のランチにどこに行こうかいつも迷ってしまい、いつも行くお店が豚骨ラーメン専門の博多風龍です。

味も良く、安くて早いので、今では慣れ親しんだ味となり、迷ったときは、というか気持ちの中では決まっているので、いつも行くわけです。

結構オススメです。

博多風龍は豚骨ラーメンの専門のお店で、なんと替え玉が2玉まで無料

しかも、ベーシックな豚骨ラーメンは580円という安さ。

安いからと侮るなかれ。チャーシューとキクラゲ、ネギがきちんとのっていています。

スープは脂が程よく入っていて、白濁としています。豚骨の味がしっかり出ていて、しつこすぎなくサラッと飲んでしまうスープは、おそらく煮込んでいるときにアクをしっかり取って、雑味が残らないように手間をかけているのではないかと思います。

 

注文方法は、お店の外にある券売機でチケットを買ってから店内の席に着きます。

カウンターがメインです。

カウンターお奥では、店員さんが手際よく豚骨ラーメンを作っている姿が見えます。

チケットを渡すと麺の硬さを聞かれます。

いつもは、硬めの「かた」を注文しています。

スポンサーリンク

硬さは「バリかた」「かた」「ふつう」「やわ」の4種類があります。

他のお客さんの注文を聞いていると、「かた」が一番多い感じです。

「かた」の場合、食べ始めはもちろん硬めですが、食べ終わるころには麺が水分を吸って程よく柔らかくなるので、食べやすいのではないかと感じています。

「ふつう」を注文した時は、食べ始めはちょうど良い柔らかさですが、食べ終わるころには柔らかくなるのでやっぱり「かた」がちょうど良い感じです。

 

カウンターには高菜などが置いてあり、自由に味の調節ができます。

オススメは白ゴマと高菜です。

白ゴマは豚骨の味に風味を与えてくれます。あと、白ゴマは栄養面から入れたくもなります。ゴマと言えばセサミンが有名ですね。

高菜は単調な豚骨スープの味に辛さというアクセントになります。でも、入れ過ぎると辛いので、ほどほどに。味も変わります。ですから、レンゲ半分くらいが限度でしょうか・・・

レンゲの中でかき混ぜながら、味と辛さを調節しながらスープに戻すが良いかもしれません。

他にも、紅ショウガ、刻みショウガ、おろしニンニク、かえしのスープもあります。

紅しょうがを入れるとスープがピンク色になり、いろどりが豊かになりますね。というかもはや違うスープのよう。

刻みショウガはさっぱりさせてくれます。おろしニンニクはスタミナです。でも、昼間なのでニンニクは入れませんが、いつか入れてみたいです。

 

替え玉は2玉まで無料です。替え玉の注文は、食べきる3口前にするとちょうど良いタイミングで出てきます。

替え玉2玉無料とはいっても、1回替え玉をすればお腹一杯です。食べられる人がすごいなあと思います。

 

もちろん、替え玉注文時も麺の硬さを聞かれます。

 

ショウガや高菜、にんにくなどで味を変えるときは、替え玉をしてからの方が良いと思います。

せっかくのオリジナルの味を十分に味合わずにショウガや高菜やで味を変えてしまうと、食べ終わるまでその味になりますから・・・

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください