仕事

職場の人間関係は人なつっこさと一生懸命さでカバー

職場の人間関係って複雑で難しいですよね。

人間関係が発端で会社を辞める人もいると思います。

スポンサーリンク

 

転職から思う人間関係のコツ

今まで転職を4回ほど繰り返してそんな人間関係について思うことがあります。

それは、職場の人間関係は、相手に対して人なつっこさと一生懸命さを見せることで何とかなるのではないかということ。あくまで私見ですが、どこの職場でも人間関係で悩んだことは少なかったです。

人なつっこさとは、同僚や先輩、上司など相手の人に対して、仕事の上でわからないことや疑問はちゃんと質問をして教えてもらったり、上司や先輩の話を聞いたり、世間話を投げかけたりと、相手の懐に飛び込んでいく姿勢です。その中に一生懸命仕事をするという姿勢ももちろんあります。

相手とコミュニケーションを図りながら仕事を一生懸命取り組むことで、先輩や上司は「かわいい奴だ」とか「ほっとけない奴だ」とか「頼もしい奴だ」と思ってくれると思います。

でも、どんなに人なつっこくしても性格が合わない人は必ずいます。そういう人のことを気にして気落ちしても仕方がないので、そういうもんだと割り切ることが大切です。いつもイライラしている人もいれば悲観的な人など、性格や外的要因によってそういう感情の人もいるものです。

 

以前の職場での体験

測量関係の事務所で働いていた時のことです。

事務所代表や先輩たちは仕事を黙々とこなしていく中、自分は新米で分からないことだらけでした。

測量と言っても補助に回ることが多かったですが、書類の作り方から測量のやり方まで教えてもらい徐々に覚えていきました。

みんな仕事に対して厳しく、時々足手まといになっているのではないかとか考えるときがありました。でも、人と話をすることが好きですし、笑うことが何より大好きです。

ある日、先輩と測量に出たときに、ギャグをひとこと言ってみると爆笑してくれて、面白い奴だと思ってくれるようになり、仕事の休憩時間にはいつも冗談を言って笑うようになりました。

これを機に、仕事をする上で分からないことも気軽に聞けるようになりましたし、仕事が楽しくなりました。

代表は健康系の話や車の話、サプリメントの話などいろいろなことに興味があり、しかも自分もその辺の話は好きだったので良く話すようになりました。

代表が、目に何がいいのかと聞いてくると、ブルーベリーがいいですよとか、いい温泉がないかと聞いてくると、どこどこの温泉がいいですよと答えているうちに、休みの日に一緒に温泉に行ったり、仕事終わりに食事に行ったり、自分のことを息子と言ってくれるようになりました。

この事務所を退職してしばらくしてから遊びに行ったとき、自分を含めた以前のこのメンバーが一番仕事がうまく回っていたとも言ってくれました。

ここで学んだことは、世間話はたくさんすること、笑いを取ることで緊張がほぐれ人間関係が良くなる、相手のことを思って話を聞きながらちゃんと答える、仕事は一生懸命取り組む、用事がないときの誘いは極力断らないということで人間関係は良好になるということ。

スポンサーリンク

 

次に経理責任者をしていた時のことです。

26歳で入社した野菜の直売を大きく行っている会社では女性のパートさんが20名以上いて大半を占め、男性社員は5名(合併後男性社員も多くなりました)。

責任者でもある部長はものすごく厳しい人で、失敗は絶対に許さないというスタンス。

部長は社内を統括する立場ですから厳しくなるのもわかります。閉店後パートさんが現金合わせをしていて1円でも合わないときはとにかく探させ、無い場合は怒っている姿をよく見ました。当たり前と言えば当たり前ですが、みんな怯えながら働いているような印象を入社してすぐに感じました。

パートさんからも、自分のことをまだ得体のしれない奴ということで距離を置かれましたが、面白い話やギャグを言ったら、「こんなに面白い人だったんだね。よろしくね」と言ってもらい、次の日からはパートさんとは和気あいあいで仕事ができました。

 

部長とは、世間話はもちろん、時に冗談を言って笑いも取りました。もちろん仕事を共に一生懸命取り組みましたし、経理の仕事が終わると売り場に立ち接客をして暇な時間を作りませんでした。

また、売り場が混んでいる時間は売り場での接客販売を優先して落ち着いた頃に経理の仕事をして、また売り場が混んだら売り場に立つという繰り返しをしていました。

「良く働くな」と言われたこともありますし、パートさんや先輩社員ともお昼休憩に世間話や冗談を言ったりするうちに社内の雰囲気が明るく和んだようで、部長から「君が入社したおかげで会社が変わった。ありがとう。」と言って頂いたこともありました。

 

さらに・・・

人なつっこさの奥には自分が単に話したいだけでなく相手を思いやる気持ちがあるのではないかとも思っています。相手が気持ちよくいたり、話せるような雰囲気を自分自身が作り出しているのかもしれません。

相手のためにその瞬間一生懸命になる感じです。さらに、そこに仕事の一生懸命さが加われば上司や先輩から好かれると思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください