未分類, 身近な疑問, , 車選び

中古車の値引きは可能か?可能です!

さて、中古車の値引きは可能でしょうか?

結論から言うと多少であれば可能です。

 

買う方とすれば、中古車と言えども提示されている価格ではなく、値引きした価格で買いたいものです。

というのも、値引きしてもらったという満足感を満たしたい感情もあれば、予算の都合で値引きをしてもらいたい相場よりも高いから値引きしてもらいたい、値引きした浮いた分をアフターパーツの購入に回したいなど、思惑は様々ですがいずれにしても値引きの理由があるわけです。

 

しかしながら、中古車は新車と事情がちがうため、理解をしなければならないこともあります。

 

中古車と新車は価格の付け方が違うことを念頭に

 

中古車は新車と違い、個々の状態はそれぞれ違います

モデルや年式が違えば、走行距離も違いますし高速走行や街乗りなど使用された状況も違えば、メンテナンスの状況も違うわけです。

同じ個体は一つとして無いと言えます

 

新車であれば、購入時は未使用ですので、どの販売ディーラーでも同じものを購入できます。

しかし、中古車は個々に状態が違うので値付けも変わってきますし、中古車販売店の仕入れ値の違いなどでも値付けが変わってきます

ですから、他店の価格を引き合いにしての値引きは難しいと言えます。

ただし、相場よりも高い場合には、もう少し値引きに応じてもらえないか伝えてみるのは良いと思いますし、予算を伝えて値引きに応じてもらえるよう言ってみるのも良いと思います。。

事前に、カーセンサーなど情報サイトで欲しい中古車の年式や走行距離など的を絞って調べておくと大体の相場が把握できると思います。事前調査は必要です。

スポンサーリンク

 

値引きの幅はどれくらい?

 

ところで、多少であれば値引きができると記載しましたが、実際のところどのくらいできるのでしょうか。

経験上、300万円を超える中古車を念頭には入れていないことが条件ですが、1万円から10万円前後が相場のような印象です。

中古価格といっても数万円もあれば数百万円もあります。ですから、中古車価格にもよりますが、値引きに応じてもらえる可能性があるということが言えます。

ただし、相場よりも安い場合や、販売店の仕入値の都合、人気車種や人気色という理由などで値引きに応じてくれない場合もあります

そんな時は、納車までに係る諸費用から値引きができるか交渉してみる価値はあります。例えば、点検費用からの値引きやコーティングなどをしてもらうのであればコーティング代などからの値引きなど。

また、値引きに応じてもらえない場合には、サービスでETCを付けてもらうとか、コーティングしてもらうとか、傷があれば補修してもらうとかなど値引き以外でサービスしてもらえるか交渉してみるのも良いです。値引きよりもハードルが下がるときがあります。

ETCを取り付けるにしても2万円前後はかかりますし、傷の補修は度合いにもよりますが3万円前後はします。これらのサービスは大きいと言えます。

 

まずは購入条件をきちんと伝えよう

 

では、まず値引き交渉の前に、まず、店員さんにはっきりと予算や車種、条件を伝えることが大切です。

さらに、いつまでの納車をしてほしいということも伝え、購入意思があることを知ってもらうことも大切です。

というのも、予算や希望車種、セダンなのかSUVなのか希望カテゴリーなどこちらの情報を伝えないと店員も紹介のしようがありませんし、購入の意思表示をしないと冷やかしと思われ、まともに相手にされず、値引きの話をまともに聞いてもらえないからです。本気ですというアピールが大事です。

 

また、店員さんの力を借りて一緒に予算等の条件をクリアし納車を達成するという運命共同体のように話を進めていくと、店員さんも親身になってこちらの条件を考えてくれます。

 

さらに、予算等条件を伝えるという重要性は、販売店に在庫があるにしても、販売店に中古車を探してもらうにしても、予算や条件を伝えておかないと値段の高い個体を探してきたり、走行距離が多めだったり希望オプションがないような予定外の状態の個体を探してくることもあるからです。

諸費用を込みで探しているともあらかじめ伝え、もし在庫があって予算内におさまりそうであれば、見積もりをもらってすぐにでも値引きが交渉できるわけです。

 

値引き体験
ケース①

経験上の話になりますが、下取り額を除いて支払総額が予算200万円前後で輸入SUVを探してもらったときに、かなり状態が良く300万円で販売予定の個体を探してきてくれました。ところが、価格を抑えてほしいことを伝え、下取り分を差し引いても240万円となり、予算内におさまりませんでした。

そこで、予算内におさまらないことを伝え、欲しいけど買えませんのでもう少し何とかなりませんかと伝えると、本日中に決めてくれるのであれば値引きしますと言って頂き、予算を少しオーバーしますが230万円で決めることができました。本社の方と取り合ってくれて、店員さんも協力してくれました。

しかも、下取り価格を調整しくれて、予想よりも高値を出してくれました。査定額が当初30万円だったのですが、60万円をつけて頂きました。

また、下取りに出してから納車までの1週間の間、台車まで貸し出してくれました。

 

このときは、多少でも支払額を抑えたくて、車庫証明は自分で申請し取りました。

 

ケース②

状態がとてもよく、申し分のない新古車のSUVであるのに、周辺相場より多少やすく売りに出ていたとき、この車に決めたいのですがもう少し値引きできれば契約しますと伝えたときは3万円の値引きをしてもらいました。

相場は250万円以上していたのですが、値引き前で238万円でした。

 

さすがに安く売っていたのでそれ以上は無理と言われましたが。でも、フロアマットを付けてくれたり、下取りに出す車のアフターパーツを要望通り取り外して返してくれてトータルでみるとお得でした。

 

ケース③

10年落ちの中古スポーツカーを探しているとき、とてもきれいな中古車を見つけ相場よりも安かったので一目で気に入って、見積もりを出してもらいました。

相場は300万円くらいでしたが、出てきた見積もりは総額270万円。

車検代と保証、コーティング等含めた270万円は予算を20万円ほど超えてしまうので、もう少し値引きができないか伺ったら、上司に相談してくれました。さすがに販売店側の利幅が少ないので値引きが難しいというので、ドアミラーに擦り傷があったので、直してくれないか聞いてみると、承諾してくれました。そのあと、コーティング代からさらに2万円の値引きに応じてくれて、予算は多少超えましたが、結果的には相場よりも安くおさまったので購入することにしました。

スポンサーリンク

 

値引きのタイミングは見積もり段階

 

値引きは見積もり段階でしないといけません。

見積もり段階では、予算オーバーしている場合はこちらの予算の都合や、予算内におさまっていても相場よりも高いと思ったときは相場を引き合いにするなど、しっかり伝えます。

すると、店員さんが独断の裁量権で値引いたり、裁量の金額を超えた場合には上司や店長に相談して、車両本体価格や点検費用、オプション費用から値引いてくれることがあります。

なぜ見積もり段階で値引き交渉をするかというと、購入の話がまとまってから値引きの話を出しても聞いてもらえなくなるからです

つまり、販売店の売るという意志と、お客さんの買うという意志が合致しますので契約成立となるからです

ですから、見積もりを出してもらったら、内容をよく確認をして値引き交渉をした方が良いです。

また、見積もり段階で保証を付けた場合には買う車種に対して長すぎないかとか、不要なオプションは入っていないか、車検や点検費用は高すぎないかなど良くチェックし、分からない項目や疑問点は質問し、不要なオプションはカットすることで金額を下げることができます。

 

値引き交渉でのマナー

 

中古車を値引くときには、高圧的な態度かつ、執拗な値引き要求などやり過ぎは禁物です。

中古車と言えども、買ってからもメンテナンスや車検等で長い付き合いになることもあります

店員さんも、こんなお客さんとは付き合いたくないと思って、まともに取り合ってくれなくなる恐れもあります。

ですから、紳士的に、かつ、運命共同体のごとく、多少理屈っぽく店員さんに納得もらえるような説明がよいかもしれません。営業みたいですね・・・

 

余談ですが、車庫証明を自身で申請して取る場合、費用を抑えることができます。1万円から2万円位は抑えることができるはずです。ただし、平日に車の保管場所を管轄する警察署に申請して、受け取りに行かなくてはなりませんので平日に時間のある方に限られます。

 

まとめ

 

中古車は値引きをすることができます。

車両本体から値引きができなくても、諸費用から値引いてもらえることもあり、また、オプションを付けてもらったり、傷等を修理してから納車してもらうこともできる場合があります。

 

最後に、見積もりを出してもらって、値引き交渉の中であともう少し値引きをしてもらいたいときや、全く値引きに応じてもらえないときには、今日購入を決めて申込書にサインをするのでもう少し値引きできないか、値引きに応じてもらえないか聞いてみることも良いと思います。

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください