身近な疑問

探し物や無くした物は意外と身近にある

探し物や無くしたと思った物が意外と身近にあったことってありませんか。

 

まさにそんなことが今日起こりました。

スポンサーリンク

 

今日起きたお騒がせ無意識騒動

 

本日、用事で出かけました。

いつも机の上に置いておく財布と小銭入れとスマホ。

いつものごとくカバンに入れて車に乗り込んだつもりでした。

 

ところが出先で小銭入れが無いことに気が付き、少し焦りつつも、自分の部屋にあると思って安心していました。

 

小銭入れが無いと細かいお金をポケットに入れなくてはいけないのでやっぱり不便だなって考えながら家路につき、さて、机の上を見ると無い。

あれ、おかしい!

 

昨日、帰宅途中で立ち寄った赤羽駅で食事してから帰宅して机の上に置いたような記憶なんだけど・・・

 

ものすごく焦りながら部屋中を探しても無いので居間やベッドの上、トイレの中も探してみましたが無い。おかしい・・・

 

今日出かけるときに車に入れたのかと思ってシートの上を見てもダッシュボードの中を見ても見当たらない。

 

まさか、赤羽駅の中のお店に置いてきたのか!と思って駅に電話しても落し物の届け出はないとの駅員さんからの回答。

 

次、立ち寄ったお店にかけてみようと電話をしたら、電話回線がビジーというアナウンスが流れて繋がらない。

 

こうなったら赤羽駅に行くしかないと、すぐに自宅を出て電車に乗り込んで、赤羽駅へ。

焦っているから自宅から赤羽駅までの30分がすごく長く感じました。

 

ようやく到着して、お店に確認すると、小銭入れの忘れ物はないとの回答。

 

もしや、落としたのかと心配になり自宅近くの交番にすぐに引き返しました。

もちろんお店のスタッフさんにはお礼を言って。

 

交番では、お巡りさんが落し物の届け出はありませんと言うので、まさか車の中の足元の奥に落としたのか・・・って考えて再度、車に直行。

 

鍵を開けると、なんと運転席シートの右手脇の隙間に見覚えのある小銭入れが落ちて挟まっているではありませんか!

 

ホッとひと安心したと同時に、探すために巻き込んでしまった駅員さん、店員さん、お巡りさんに申し訳ない気持ちでいっぱいになりました・・・

 

シート脇に挟まっている訳が無いという先入観で最初に車の中を探したので気が付かなかったです。

スポンサーリンク

 

無意識な行動が原因

 

でも、なんで朝、握った覚えもないのに車の、しかも、シートの脇の隙間に挟まっていたんだろう。

 

きつねにつままれたような感じですが、考えてみると、無意識に小銭入れを握ってズボンの右ポケットに入れたのかもしれません。

そうしなければ運転席シートの右脇との隙間に落ちて挟まることはなさそうですから。

ズボン右ポケットに小銭入れを入れて、車に乗り込んで座った時に右ポケットから落ちたのだと思います。

 

自宅から赤羽駅まで回ってきましたが、車の中というオチがつきました・・・

 

まず身近な場所から探そう

 

ということで、探し物はまず、徹底的に身近なところから探すべきだということが勉強になりました。

 

普段持ち歩く財布などの小物は無意識にカバンに入れたりポケットに入れていると思います。

出かけるたびに、毎回「財布をカバンに入れた」と点呼していると面倒だし、そこまで几帳面に確認することは通常ないと思います。

カバンに入れたり、ポケットに入れたことをきちんと覚えている方もいると思いますが、自分の場合はいつも無意識です・・・

 

だから、カバンに入って無い、ポケットに入ってないとわかると焦るのです・・・

 

そういえば、家に鍵をかける時や車の鍵をロックするときって意外と無意識にやっているような気がします。

 

出来れば、無意識ではなく、常に意識してれば今日みたいなことは避けられるのではないかと思ったと共に、探し物は意外と身近にあるということを改めて認識させられました。

 

みなさまも探し物があるときは、身近な場所をよく探されてみてはいかがでしょうか?

 

特に、机と壁の隙間や棚と壁に隙間、車シートの隙間など意外な場所にあるかもしれません。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください