カテゴリー: 不動産業について

不動産業について

不動産という商売にこそ真心が必要だと感じる

不動産の仕事に携わって思うことは、真心が本当に必要だということ。   不動産は新築戸建てやマンション、中古戸建やマンション、土地、投資用アパート、マンションなど数千万円という金額のため、買うお客さんも慎重で、極 …

不動産業について

お部屋を借りる時は賃貸借契約書と重要事項説明書をきちんと読もう

アパートやマンションを借りるときに、その物件に対する賃貸借契約の締結をします。   さらにその賃貸借契約で契約書にサインをする前に、その借りようとするお部屋に対する重要な事柄についての説明を重要事項説明書を見な …

不動産業について

空きテナントや空き部屋の水道の元栓は閉めておかないと冬場が危ないことも

空きテナントや空き部屋の水道の元栓を閉めておかないと冬場が危ないと実感しています。   水道局との直接契約であれば水道の元栓は水道局管理の水道メーター脇にバルブが付いています。   子メーターであれば …

不動産業について

テナントを借りる時には既存設備の修理交換は誰負担か気を付けよう

テナントを借りる時には既存設備の修理交換は誰負担か気を付けよう!   先日、テナントさんから設備の故障で相談があってそんなことを思ったので綴って行きます。   テナントとして店舗や事務所を借りる時には …

不動産業について

古いテナントビルの内装を解体したら過去4回分重ねて造られていた

先日、古い管理ビルの空きテナントに借り手がついて、契約をしました。 いたって普通な不動産業務ですね。   貸す時の内装はスナック仕様になっていて、新しい借り手さんは内装を解体して、コンクリーむき出しの状態(いわ …

不動産業について, 仕事, 未分類

今こそ仕事の未来を考えてみなくてはいけないと思った

今までの生き方がそっくりそのまま通用することにはならないであろう未来が近づいている感じがします。   今の段階で、テレワークへの移行が進んだり、接客スタイルも機械やロボットに取って変わりそうですね。 &nbsp …

不動産業について

梅雨時期から多くなる空き地の苦情は雑草

梅雨時期になると雨も多くなり気温も高くなり雑草の育つ条件が整います。   ですから空き地をお持ちの地主さんは草刈りに苦労をする様子が伺えます。   というのも、放っておくと、人の背丈にまで育つ草もあって、ご自身での草刈り …

不動産業について

管理物件で漏水した水がテナント内に侵入して床が濡れたときの話

先日、管理しているビルの1階テナントから、お店の奥の壁と床の交差する足元部分から水が出てきて、営業に支障をきたすかもしれないから何とかしてほしいとの連絡を受けました。   すぐに駆け付け、現場を見てみると、確かにお店の奥 …

不動産業について, 仕事

仲介業は調整が難しいけど何とかなる

不動産もそうですが、仲介業というのは本当に難しいですね。   売主と買主、貸主と借主の間に挟まれて、お互いの言い分を聞いていると頭が痛くなります。   もう、いい加減にして!と言いたくなります。   売主は高く売りたいし …

不動産業について, 仕事

不動産全般を学ぶためには町の不動産屋もいい

あくまで、個人的な印象で綴ります。   先日、住宅の販売を仲介している不動産会社の営業マンからこんな電話がありました。親しくさせていただいている営業マンです。   営業マン:「数字に追われる毎日を過ご …